トップ・マネジメントの口コミ・評判は?(見積書・受注書・発注書ファクタリング)

資金
資金

ファクタリングとは売掛金をファクタリング会社へ売却し、入金サイクルを短縮するための資金調達方法です。

ただしファクタリングを利用する際には、手数料を差し引かれることに注意しなければいけません。

ファクタリング会社の手数料があまりに高額すぎると、受取額が少なくなってしまうからです。

そこで今回は、スピーディーな対応で人気の「トップ・マネジメント」について

  • 口コミ評判
  • 特徴
  • 利用するメリット、デメリット

などを解説してきます。

トップ・マネジメント | とは?

手数料0.5%〜12.5%
利用可能金額最大3億円
入金までの日数最短即日
エリア全国
2社間
3社間

トップ・マネジメントとは、資金繰りに悩む経営者のためにファクタリングを行う会社です。

ファクタリングを利用することによって、スピーディーな資金化や売掛債権の回収リスクの回避などに繋がります。

とはいえ、ファクタリングは一般的な事業資金の借り入れとは異なり、システムが分かりにくかったりファクタリング会社への信頼性に疑問が生じたりと利用を躊躇する方も少なくありません。

そこでトップ・マネジメントでは、初めてファクタリングを利用する経営者でも安心して利用できるように、東京商工会議所に加盟登録しています。

取引内容や売掛債権の詳細などの企業上の機密情報に関しては、国際規格のセキュリティシステムで厳重保護。

また、豊富な自己資金を背景に、買取可能金額の上限を3億円としていますし、他社のファクタリングを一本化したいという相談にも対応可能です。

手続きもスピーディーで、即日資金調達ができますし、依頼者の現状に合わせて最適なプランの提案もしてもらえますので、まずは相談だけでもしてみると良いでしょう。

 

トップ・マネジメント | 利用者の口コミ・評判は?

こちらのファクタリング会社と契約して1ヶ月ですが、すでに以前のファクタリング会社よりも手数料も安くなり、何よりも迅速な対応がとても心強いです。将来的な資金調達についてもコンサル的な感じで、いろんな提案をしてくれるので助かっています。

>>Googleマップより一部抜粋

初めてファクタリングを利用しましたが、すぐにお金が入ってくるのは非常に助かりました。ファクタリングの知識は全くありませんでしたが、丁寧に説明してくれて分かりやすかったです。今後も利用しようと思います。

>>Googleマップより一部抜粋

他者のファクタリング会社2社に相見積もりをとりましたが、手数料自体はあまり変わらず少し安い程度でしたが、何よりスタッフの対応の良く、こちらと契約してよかったと思っています。契約後のフォローまでして頂き助かりました。

>>Googleマップより一部抜粋

トップ・マネジメント | サービスの特徴は?

トップ・マネジメントには、他のファクタリング会社では見られない特徴があります。

以下に代表的なものを見ていきましょう。

オンラインで完結

ファクタリングの申し込みをする会社は、多くの場合、急ぎで資金を必要としています。

しかし、遠方にいてすぐに手続きをしに出向くことができない、スケジュールの都合で面談に行くことが困難などの事情で、申し込みを断念するケースも少なくありません。

トップ・マネジメントは、そのような場合でも気軽に利用できるように、申し込みから入金までのすべての手続きをオンラインで完了できるサービスを提供しています。

必要書類はオンラインでやり取りを済ませ、面談はZoomミーティングを使ったリモート面談です。

移動や書類のやり取りを最短で行えるため、問題がなければ申し込みから数時間で入金が完了します。

2社間・3社間どちらも対応

トップ・マネジメントでは、売掛債権の回収を依頼者が行う2社間ファクタリングか、ファクタリング会社が回収を行う3社間ファクタリングの好きな方を選べます。

2社間ファクタリングの場合は自分で債権回収をする手間が発生しますが、売掛先にファクタリングのことを知られる心配がありません。

一方、3社間ファクタリングは債権回収の手間やリスクを抑えることが可能です。

請求書なしでもOK

一般的なファクタリングでは、請求書をファクタリング会社が買い取ることで資金提供を受けます。

しかしトップ・マネジメントでは、請求書を発行する時間も惜しいという経営者のために、見積書、受注書、発注書のいずれか1点があれば手続きが進められるようになっています。

案件の完了を待たず、着手前の見積書などでみなし売掛金を現金化することができますので、よりスピーディーな資金繰りを希望している経営者も安心です。

トップ・マネジメント | 利用するメリットは?

トップ・マネジメントを利用することで、以下のようなメリットが考えられます。

安心感がある

ファクタリング会社というのはあまりなじみがない経営者も多いため、初めて利用する際には不安を感じるものです。

トップ・マネジメントは10年以上の実績を持つファクタリング会社であり、個人事業主やフリーランスを対象としたファクタリングにも対応可能な経験豊富なスタッフがそろっています。

また、資金力が豊富なのでまとまった金額の売掛債権を買い取ってもらえますし、情報の保護についてもしっかりとしたセキュリティ対策を行っています。

加えて、5万件以上の買い取り実績があり、業種別のファクタリングの相談にも対応していますので、初めて相談する方でも安心です。

入金までがスピーディー

トップ・マネジメントでは、電話やFAX、メール、公式サイトなど様々な方法で申し込みができます。

オンラインで手続きをした場合、書類を郵送する時間を省略できますので、申し込みから審査まで最短30分で完了です。

加えて、面談もオンラインで行えるので移動時間のロスもなく、こちらも30分程度で終了となります。

申込内容に問題がなければ、そのまま審査から入金まで専属スタッフが迅速に処理をしますので、最短即日の入金も可能です。

トップ・マネジメント | 利用するデメリットは?

トップ・マネジメントは事業資金の効率的な運用に非常に役立つサービスですが、デメリットが全くないわけではありません。

以下に、利用する際の注意すべき点について説明します。

手数料が高め

どこの会社を利用しても生じるデメリットですが、自分で売掛金を回収する場合には請求額全額を受け取ることができる一方で、ファクタリングを利用した場合には手数料が発生します。

したがって、売掛債権の金額から手数料を差し引いた金額を買取金額として受け取ることができます。

なお、トップ・マネジメントでは契約内容によって手数料が変わってくるので注意が必要です。

2社間・3社間ファクタリング

2社間・3社間ファクタリングでは、売掛金の3.5%~12.5%が手数料となります。

一般的には、3社間ファクタリングの方が手数料は安く抑えられます。

ゼロファク

一方、助成金の申請支援とファクタリングを同時に行うゼロファクは手数料も安いです。

手数料は0.5%~12.5%に設定されており、さらに最大10%の優遇措置もあります。

ペイブリッジ

広告業界に限定されますが、資金関係の悩みや相談に対応しながら資金調達を行えるペイブリッジも手数料が抑えられており、0.5~12.5%です。

トップ・マネジメント | こんな場合におすすめ!

トップ・マネジメントのファクタリングサービスは、金融機関の融資に比べれば手数料がかかるというデメリットもありますが、上手に利用すれば安定した経営に役立つサービスです。

例えば、回収見込みのある売掛金が多いにもかかわらず、目前に迫っている支払いのための資金が不足している場合、ファクタリングを利用すれば経営の危機を乗り越えることができます。

また、会社の健全な経営状態を保ちたいという場合には、事業資金を借入すれば負債として計上されてしまうため、借り入れは避けたいところです。

そんな時にファクタリングサービスを利用すれば、経理上は売掛金を回収した形になりますので、信用情報への影響もありません。

ここがポイント!

ファクタリングを利用する際にネックとなる売掛先への通知についても、2社間ファクタリングを利用すれば自分で回収するだけなので知られる心配がなく、おすすめです。

急いで資金を必要としている場合には、トップ・マネジメントならば即日入金が可能ですし、担保や保証人を用意する必要もありませんので、提供できる資産や保証人のあてがないという場合にも利用できます。

事業を経営していれば、タイミングだけの問題で資金繰りが困難になることも珍しくありません。

そんな時は、ファクタリングの利用も検討してみましょう。

まとめ

ファクタリングは、先出しで経費が必要になったり、銀行から融資を受けにくい場合にとても有効です。

ファクタリングを上手く活用することによって、資金繰りを改善することができます。

ただしファクタリングを利用する際は、

  1. 実際に調達できる資金は?
  2. 手数料はどれくらいになるか?
  3. 審査にどれくらい期間が必要か?

の3点に注意しましょう。

トップ・マネジメントなら資金調達に関して無料で相談することができますので、まずは上記の3点を確認してみるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました