ラボルの口コミ・評判は?特徴・利用するメリット・デメリットなど解説

資金
資金

ファクタリングとは売掛金をファクタリング会社へ売却し、入金サイクルを短縮するための資金調達方法です。

ただしファクタリングを利用する際には、手数料を差し引かれることに注意しなければいけません。

ファクタリング会社の手数料があまりに高額すぎると、受取額が少なくなってしまうからです。

そこで今回は、スピーディーな対応で人気の「ラボル」について

  • 口コミ評判
  • 特徴
  • 利用するメリット、デメリット

などを解説してきます。

ラボル | とは?

手数料10%
利用可能金額1万円〜
入金までの日数最短当日
エリア全国
2社間
3社間

「ラボル」は、株式会社ラボルが2021年12月に本格運用を開始した、フリーランスや小規模事業者を対象としたファクタリングサービスです。

ラボルを利用することにより、クライアントから支払われる請求金額から手数料を引いた現金を決済日以前に手にすることができます。

また、「ラボルあと払い」サービスでは、賃貸料や経費、オンラインショッピングの支払いなどをラボルが先に立替払いすることで、最大60日間にわたり支払い期限の先延ばしができます。

ここがポイント!

まだ参入したばかりですが、親会社の「株式会社セレス」が東証プライム上場企業であることや、以前に「nugget(ナゲット)」の名称でサービス展開していたことから信頼できると評判です。

もともとセレスは中小企業・個人事業者・フリーランスなどをターゲットとした資金調達情報サイト「資金調達プロ」を運営していたこともあり、立替払いや支払いサイトに苦労しているフリーランスを含むこれら事業者を支援するために事業を開始しました。

 

ラボル | 利用者の口コミ・評判は?

買い取り申請から入金されるまでスピード感に驚きました。嬉しかったです。お金を借りるという負のイメージが全くないため、サービスの利用しやすさに感心しました。また与信タスクをこなすことで申請限度額がアップする仕組みは素敵です。

>>公式サイトより一部抜粋

初めての利用で分からないことが多かったんですが、担当者が親切でスムーズにお手続きが進みました。不明点があっても、すぐに返答してくださいましたし、安心して利用出来ました。引き続き宜しくお願いいたします。

>>公式サイトより一部抜粋

やり方もとても簡単で書類等の提出も特に戸惑うこともなく指示通りに提出し、早くて即日、遅くとも翌日あたりには資金化ができ非常に便利であった。 中には悪質な業者もあるようだが こちらは健全な手数料で信頼のできるサイトでした。 さすが大手といったところのサービスで資金化から安心して支払いまでできました。

>>公式サイトより一部抜粋

ラボル | サービスの特徴は?

個人・小規模事業者に特化

ラボルは、フリーランスや小規模事業者に特化してサービスを提供していることが大きな特徴です。

フリーランスや小規模事業者はクライアントからの支払いが翌月末になることも多く、資金調達が問題となるケースも少なくありません。

業種によっては社会的な信用が低いため金融機関の審査が通りにくく、融資を受けられないこともあるでしょう。

しかし、ラボルではnuggetで培った経験と信用情報を照会しない独自の審査方法を導入したことにより、フリーランスや小規模事業者の利用を可能としました。

職種や業種の制限もありませんので、他のファクタリング会社で断られた場合でも柔軟に対応することが可能です。

ただし、審査によって法律に抵触していたり、反社会的勢力との関連が判明した場合は利用を断られることがあります。

最短60分で入金

ラボルは申し込み・審査・入金までが速いことも特徴のひとつで、最短60分と業界でも最速水準となっています。

審査が完了すると、申し込み時に登録した銀行口座へ24時間365日即時で振り込みされます。

一般的なファクタリング会社は土日祝は定休日で、時間外の振り込みにも対応していないことが多いです。

しかし、ラボルなら現金が急に必要になっても最短60分で入手できることが利用者にうれしい特徴となっています。

手数料は一律10%

ラボルの手数料は一律買い取り額の10%となっており、銀行への振り込み手数料以外の登録費用や月額費用などは一切不要となっています。

ファクタリング会社の中には利用金額により手数料が増減するケースもあります。

ラボルでは金額に関わらず一律10%となっているため、ファクタリング後の金額管理や資金計画などを立てやすくなっていることが特徴です。

ラボル | 利用するメリットは?

24時間365日対応

フリーランスや小規模事業者はクライアントからの報酬を受け取るまでの期間が長く、その期間中も他の案件などで現金の支払いの必要があるため、資金繰りに悩む方が少なくありません。

ラボルを利用する最大のメリットは、審査にさえ通過すれば金融機関の営業時間に制限されない24時間の振り込みに対応していることが挙げられます。

また、ラボルは土日祝も審査と入金業務を行う年中無休365日に対応しているため、資金調達を急いでいる方におすすめです。

オンライン完結

ラボルは利用登録の申し込みから入金まで、全ての手続きがオンライン完結できるファクタリングサービスです。

フリーランスや個人事業者は一人で全てをしなければならないため、時間的にタイトなことが多いでしょう。

しかし、ラボルならファクタリング会社の店頭まで出向く必要がなく、スマホかパソコンさえあれば場所を選ばず申し込みできるため、時間を有効に使えることが大きなメリットです。

また、利用申し込みをしてもラボルからの電話連絡や郵便物などは一切ありませんので、ファクタリングの利用を第三者に知られることがないこともメリットと言えるでしょう。

独自の与信管理

与信管理はファクタリングを含む金融業界にとって重要なリスクマネジメントのひとつです。

一般的なファクタリング会社では、貸し倒れを未然に防ぐために信用情報機関のデータベース照会をして与信管理を行っています。

この与信管理は、審査を始めとして取引できる額の上限にも大きな影響を与えますが、ラボルでは「与信タスク」と呼ばれる独自の審査方法を導入していることが特徴です。

与信タスクとは、

  • 源泉徴収票や確定申告書などの提出
  • SNSへの投稿やアンケート回答

といった複数の項目があり、これらのタスクを達成することで与信が上がり、審査通過率や取引金額の上限がアップする制度です。

これらを行うことは難しいことではなく利用者にはメリットしかないため、与信タスクを積極的に活用することがポイントです。

ラボル | 利用するデメリットは?

手数料は高め

前述の通り、ラボルの手数料は一律10%固定となっています。

継続的な支払いではなく一度支払ってしまえば終了なので、数回の利用ではさほど大きな負担にはなりません。

しかし、2社間ファクタリングでも手数料が10%以下の会社や、繰り返し利用することで手数料が割引になる会社もあるため、これらと比較するとやや高めということは否定できません。

ラボルは利用頻度を考えて利用するのがおすすめです。

エビデンスが必要

ラボルを利用する場合は、請求書とともにエビデンスを提出する必要があります。

担保や保証人などは必要なく信用機関への照会も行いませんが、

  • 請求確認メール
  • クライアントからの入金履歴
  • 預金通帳のコピー
  • クライアントの押印のある申込書や発注書のコピー
  • 納品までのクライアントとのやり取りを証明できるもの

といったエビデンスが必要です。

これらのエビデンスに不備があると審査を通過することが困難になるため、申し込み時には揃えておかなければならないことがデメリットと言えるでしょう。

ただし、不備がなくても支払期限が明記されていない請求書や期日が請求書の提出から151日以上先の場合、金額が1万円未満や個人宛ての請求書は利用できないので注意が必要です。

ラボル | こんな場合におすすめ!

ラボルは手数料があるため請求書通りの金額は入手できませんが、急に現金が必要になった場合に大変便利なサービスです。

即日入金されることや与信タスクの達成状況によって買取可能額も上がるため、フリーランスや個人事業者から高い評価を得ています。

ラボルが特におすすめなケースは、支払いサイトが長い場合や、クライアントからの支払いが遅れていて資金調達に困っている場合です。

また、ファクタリングを利用したいけれど多忙で店頭まで出向く時間が作れない場合でも、ラボルであればオンラインのみで全ての手続きが完了するため大変便利です。

多重ローンなどで利用者自身の財務状況が芳しくなく、金融機関の融資が受けられない状況でもラボルでは審査を受け付けていますので、資金調達に困った場合は検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ファクタリングは、先出しで経費が必要になったり、銀行から融資を受けにくい場合にとても有効です。

ファクタリングを上手く活用することによって、資金繰りを改善することができます。

ただしファクタリングを利用する際は、

  1. 実際に調達できる資金は?
  2. 手数料はどれくらいになるか?
  3. 審査にどれくらい期間が必要か?

の3点に注意しましょう。

ラボルなら資金調達に関して無料で相談することができますので、まずは上記の3点を確認してみるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました