アクセルファクターの口コミ・評判は?特徴・利用するメリット・デメリットなど解説

資金
資金

ファクタリングとは売掛金をファクタリング会社へ売却し、入金サイクルを短縮するための資金調達方法です。

ただしファクタリングを利用する際には、手数料を差し引かれることに注意しなければいけません。

ファクタリング会社の手数料があまりに高額すぎると、受取額が少なくなってしまうからです。

そこで今回は、リーズナブルな手数料で人気の「アクセルファクター」について

  • 口コミ評判
  • 特徴
  • 利用するメリット、デメリット

などを解説してきます。

アクセルファクター | とは?

手数料2%〜10%
利用可能金額〜1億円
入金までの日数最短即日
エリア全国
2社間
3社間

アクセルファクターは「全ての経営者の利益に繋がるファクタリング会社」を理念とし、中小企業から個人事業主まで対応しています。

2018年にネクステージ(株)を母体として設立されました。

ネクステージグループには以下に示すように4つの領域があります。

  • ファイナンシャル領域
  • 通販領域
  • ヘルスケア領域
  • エンタメ領域

アクセルファクターは、この4つの領域の中のファイナンシャル領域の一端を担っています。

東京本社の他に、仙台・名古屋・大阪の3つの営業所を擁するアクセルファクターは、業界トップクラスのファクタリング会社として知られています。

年間の利用件数は3,000件以上

常に「お客様ファースト」を貫くアクセルファクターが、顧客に対して掲げるのは、以下の3つの安心です。

  • 安心のノンリコース
  • 安心のプランニング
  • 納得、安心の低手数料

この3つの安心に基づいた経営は、顧客から多くの称賛を受けており、年間の利用件数は3,000件以上に達しています。

アクセルファクターの代表取締役社長である本成善大氏の、「自社さえ儲かればよいという考えはない」との言葉は、この実績により裏付けられるでしょう。

 

アクセルファクター | 利用者の口コミ・評判は?

個人事業主でもOK・即日審査という点に惹かれ申し込みを行いましたが、本当に即日中に依頼額60万円をお振込み頂け、今ではすっかりキャッシュフローが改善し安定した経営を続けられています。

>>公式サイトより一部抜粋

ある程度の備えはありましたが、数か月分の運転資金を確保する意味も込め、現在ある工事請負代金の売掛債権を資金化した方が良いと判断し、アクセルファクター様にご相談をさせて頂きました。
来所が不要である事に加え、即日振り込んで頂けたため、無事着工へと至りました。迅速にご対応下さり、感謝しております。

>>公式サイトより一部抜粋

資金不足である当社の状況を勘案して下さり、格安の手数料で150万円を資金化して下さりました。今回の難局もこれで凌ぐことが出来そうです。

>>公式サイトより一部抜粋

アクセルファクター | 特徴は?

対応がスピーディー

アクセルファクターは、即日入金を原則として顧客に対応します。

緊急性の高い状況での資金調達に対応可能なのが、アクセルファクターの特徴の1つです。

これを可能にしている理由の1つには、以下のようなファクタリング自体の特性もあります。

ファクタリングの特性

・融資ではないため、信用情報の審査は不要
・融資よりも支払い不能リスクが低い

アクセルファクターはこのファクタリングの特性を大いに生かし、半数以上の依頼に対する即日振込みを実現しています。

また、アクセルファクターでは郵送契約も可能ですが、入金スピードを考えると来店・出張契約が推奨です。

手数料が良心的

アクセルファクターの特徴の1つに、良心的な手数料があります。

中小企業や個人事業主にも対応するアクセルファクターは、たった数%の手数料の違いが大きな負担になることを熟知してします。

そのため、どこよりもリーズナブルな手数料が設定されているのです。

以下が売掛債権額に対するアクセルファクターのファクタリング手数料ですので、参考にしてください。

  • 100万円まで:10%〜
  • 101万円から500万円まで:5%〜
  • 501万円から1,000万円まで:2%〜
  • 1,001万円以上:別途相談

この手数料を見ても、アクセルファクターが中長期的なキャッシュフローを視野に入れ、顧客の経営立て直しを第一に考えているのが分かるでしょう。

個人事業主もOK

個人事業主の利用が可能なのも、アクセルファクターの特徴です。

個人事業主が利用できるファクタリング会社は多くありません。

これは、売掛債権が少額の場合は得られる利益が少ないことや、個人事業主が法人よりも信頼性が低いと思われていることが原因です。

これに対しアクセルファクターは、「すべての企業のセーフティネットでありたい」との方針に基づき、個人事業主の審査通過率も高く、少額の売掛債権も買い取っています。

このように、個人事業主でも利用ができるのは、アクセルファクターの大きな特徴です。

アクセルファクター | 利用するメリットは?

高い審査通過率

業界でもトップクラスの高さである93%もの審査通過率は、アクセルファクターのメリットの1つです。

顧客目線の対応を理念とするアクセルファクターは、他社では断られるような案件でも、顧客の状況・事情に柔軟に対応してくれます。

例えば以下のような状況です。

  • 取引がネット銀行中心であるため、通帳原本が用意できない
  • 売掛債権の支払い期間が半年以上ある

このような状況では、ファクタリング会社の審査に通らない事が往々にしてあります。

ここがポイント!

しかしアクセルファクターでは、代替書類を作るなどして審査を通してくれますし、売掛債権の期間の長さは審査を落とす基準にはなりません。

もし他社のファクタリング審査に通らなくとも、アクセルファクターの審査に通る可能性は十分に高いので、あきらめずに利用を検討してみてはいかがでしょうか。

幅広い対応額

アクセルファクターには買取に対する下限金額の設定がなく、数千円の売掛債権でもファクタリングが可能です。

これは、アクセルファクターの理念である「全ての経営者の利益に繋がるファクタリング会社」に基づきます。

他のファクタリング会社では、多くの場合「50万円以上から」などの下限が設けられているのが普通です。

買取額が少ないと、手間がかかる割に利益が少ないなどの問題が発生しやすいためです。

しかしアクセルファクターでは、少額の売掛債権でも買い取ってくれます。

これは売掛債権が少額になりがちな個人事業主にとっての大きなメリットといえるでしょう。

リスクまでしっかり説明

アクセルファクターは、ファクタリングにおけるリスクやデメリットをしっかりと説明してくれます。

また、リスクに対する顧客の疑問にもしっかりと答えてくれるのです。

この安心感も、アクセルファクターのメリットの1つといえるでしょう。

アクセルファクター | 利用するデメリットは?

必要書類が多め

アクセルファクターの審査には、以下のように多くの書類が必要です。

  • 請求書または見積書
  • 預金通帳
  • 決済報告書
  • 代表者の身分証明書
  • 代表者および会社の実印
  • 印鑑証明書

このように審査に必要な書類が多いことは、ともするとデメリットと考えてしまいがちです。

しかしアクセルファクターでは、必要書類を多くすることで審査の通りやすさに繋げています。

必要な書類をすべて提出すれば審査に通りやすいのは、アクセルファクターのメリットともいえるのです。

個人宛の債権は利用不可

アクセルファクターで利用できるのは法人の売掛債権のみであり、個人宛のものは利用不可です。

理由としては、法人に対して個人や個人事業主は、信用度が低いとのことがあるのかもしれません。

ただし、ファクタリングはもちろん個人事業主でも利用できるので、心配はいりません。

アクセルファクター | こんな場合におすすめ!

アクセルファクターは、次のような場合におすすめのファクタリングサービスです。

少額の売掛債権をファクタリングしたい

買取額に下限を設定していないアクセルファクターは、少額の売掛債権でも問題ありません。

「すべての企業のセーフティネットでありたい」との理念に基づき、個人事業主の売掛債権にも問題なく対応してくれます。

資金を早急に用意したい

アクセルファクターは即日入金を原則としています。

実績としても、半数以上の依頼者に即日入金を実現しているのです。

緊急時に急いで資金を用意したい状況にも、アクセルファクターは力強い味方となってくれるでしょう。

他のファクタリング会社では審査が通らなかった

また、顧客の状況や事情に柔軟に対応してくれるアクセルファクターは、93%という業界トップクラスの審査通過率を誇っています。

その分、審査書類は他のファクタリング会社よりも多くなる傾向があります。

しかし、必要な書類を提出さえすれば審査に通る率が高くなるのは、大きな安心感に繋がるでしょう。

今までに他のファクタリング会社の審査に通らなかった方は、アクセルファクターの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ファクタリングは、先出しで経費が必要になったり、銀行から融資を受けにくい場合にとても有効です。

ファクタリングを上手く活用することによって、資金繰りを改善することができます。

ただしファクタリングを利用する際は、

  1. 実際に調達できる資金は?
  2. 手数料はどれくらいになるか?
  3. 審査にどれくらい期間が必要か?

の3点に注意しましょう。

アクセルファクターなら資金調達に関して無料で相談することができますので、まずは上記の3点を確認してみるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました