テクニカルサポートがフリーランスになるには?求められるスキル・単価相場は?

エンジニア
エンジニア

IT系の仕事と言うと開発を始めとした業務をイメージされがちですが、ユーザーの悩みを解決することを仕事とする職種もあります。

テクニカルサポートもその一つで、フリーランスに転身する場合は正しい知識や仕事の受注方法を身に着けておくことが大切です。

そこで今回の記事では、テクニカルサポートがフリーランスになる方法と求められるスキルなどを紹介します。

テクニカルサポートとは?

テクニカルサポートとは

IT系の職種の中でも特殊なジャンルに分類されるテクニカルサポートは、文字通りユーザーのサポートをする役割を担っています。

仕事内容は?

テクニカルサポートはソフトウェア、ハードウェアなどの操作に対するユーザーからの問い合わせに対応するのが主な仕事です。

電話やメール、FAXなどでユーザーから届いた問い合わせ内容を正確に理解して、解決方法をレクチャーするという流れになります。

動作の不具合を始めとした基本的なトラブルはもちろん、開発スタッフによる高度な内容の問い合わせが来るケースも珍しくありません。

どういった内容でも即座に対応できるように幅広い知識を身に着けておく必要があります。

ヘルプデスク・カスタマーサポートとの違い

ヘルプデスクやカスタマーサポートとテクニカルサポートを混同している人も少なくありません。

3つの仕事は一見同じように感じられますが、携わる業務内容は異なります。

ユーザーからの問い合わせに対応するという点は同じですが、ヘルプデスクは状況に応じて修理の手配をするのも仕事の一つです。

カスタマーサポートは、企業が提供しているサービスや商品の価値を最大限に発揮できるようにする役割を担っています。

使い方の説明、クレーム対応などもカスタマーサポートの仕事です。

フリーランスエンジニアとは?

フリーランスエンジニアとは、特定の企業に雇用されないエンジニアのこと。

案件ごとに業託契約を交わし、成果物を納品、もしくは契約に決められた業務を遂行して報酬をもらいます。

募集している職種も幅広く、プログラマーやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーなど様々です。

働き方

フリーランスエンジニアの働き方は大きく分けて以下の2つです。

  • リモート型
  • 客先常駐型

リモート型とは、取引先に出社せず自宅や外出先で業務をする働き方。

フリーランスエンジニアで、最もオーソドックスなワークスタイルです。

主にWeb系やゲーム開発などの案件で多く見られ、成果物さえ納品すれば他に制約がないのがポイントです。

客先常駐型は、取引先に出向いて仕事をする働き方。

会社員と同じくオフィスへの出社義務、服装規定などがある案件が多いです。

年収

大手フリーランスエージェントのレバテックフリーランスによると、フリーランスエンジニアの平均年収は600万円~920万円。

エンジニア全体の平均年収が568万円であることを踏まえると、少し高い傾向にあります。

ただし、案件によって単価に差があるのも、フリーランスエンジニアの大きな特徴。

例えば大手フリーランスサイトのエンジニアスタイル東京によると、同じJavaの案件でも平均単価は66万円ですが、幅は10万~200万円と差があります。

平均年収は高いですが、実力によっては会社員以上に収入に差が出ます。

年齢比率

クラウドソーシングサービス「Lancers」の調査によると、フリーランスの年代は以下のようになっています。

引用:Laccers|フリーランス実態調査2021

意外に思われるかもしれませんが、50代以上の割合が大きく、働き方によっては全体の60%以上を占めています。

高い年代のフリーランスエンジニアは、会社員時代に築いたスキルと人脈を武器に独立している傾向にあります。

正社員だと役職定年やリストラなど、年齢が上がるにつれて不利な扱いを受けることが増えます。

しかし、フリーランスエンジニアでは過去の実務経験やスキルで活躍しやすくなるでしょう。

テクニカルサポートがフリーランスを目指す4ステップ!

1. 独学でプログラミングの基礎を勉強

まずは独学でプログラミングの初歩を勉強しましょう。

後のプログラミングスクールでスムーズにスキルアップするためです。

具体的な方法は次の2つ。

  • 入門書を読む
  • フリーのプログラミングサイトで勉強

今ではプログラミングどころか、PC操作すら疎い人でもプログラミングを学べる書籍が充実しています。

ネットでも、初級プログラミングを無料で学べるサイトがたくさんあります。

この辺りから自分で「プログラミングとはどんなものなのか」を体験してください。

なお、勉強する際には必ず手を動かすようにしましょう。

本を読んだりサイトを眺めたりするだけでは分かった気になるだけで、エラーの対処法やプログラムを動かす楽しさを理解できません。

簡単なプログラミングでエンジニアの仕事を疑似体験することが大切です。

2. プログラミングスクールに通う

独学でプログラミングの感覚を掴めたら、プログラミングスクールで本格的に勉強しましょう。

プログラミングスクールで学ぶメリットは以下の通り。

スクールのメリット

現役のエンジニアが講師
いつでも気軽に質問できる
実践に近いカリキュラムで学べる
就職サポートがあるスクールが多い
大学や専門学校より学費が安い
オンライン講義やオンデマンド教材など時間に融通が利く

近年は、就職を見据えてハイレベルな実習を受けられるスクールも増えています。

卒業制作では商品レベルの成果物を開発することも珍しくないため、短期間でスキルアップが可能です。

公式サイト
>>利用満足度No.1の「tech boost」の公式サイト!月額6,500円〜で選べるコース。エンジニアに特化した人材会社が転職をサポート!

3. 就職して実務経験を積む

プログラミングスクールでスキルを身に付けたら、いきなり独立するのではなく、一度就職して実務経験を積みましょう。

未経験からエンジニアとして転職するルートは主に3つ。

  • 未経験OKの求人に応募
  • 転職エージェントを活用
  • プログラミングスクールの就職サポート

会社員で2~3年ほど実務経験を積めば仕事の要領が分かります。

公式サイト
>>IT転職の案件数が業界最大規模!「レバテックキャリア」に無料登録する!

4. フリーランス案件にチャレンジ

会社員としてエンジニアの実務経験を積んだら、それを実績にして案件を受注しましょう。

案件を探す方法は主に次の5つ。

案件の探し方

知人・友人に紹介してもらう
前職の会社と取引
クラウドソーシングを使う
フリーランスエージェントを活用
企業に直営業

上記で特におすすめの案件獲得法はフリーランスエージェントの活用。

フリーランスエージェントとは、案件を発注したい企業とエンジニアをマッチングしてくれるサービスのことです。

営業・事務代行や単価交渉、キャリアカウンセリングもしてくれるため、駆け出しフリーランスには心強い味方といえるでしょう。

テクニカルサポート向けフリーランスエージェントBest3

フリーランス
エージェント
テクフリ

テックビズフリーランス

レバテックフリーランス

おすすめ度4.74.54.3
ポイント平均単価81.2万円
・参画まで最短2日
・エンド直契約が98%以上
案件継続率97%以上
・案件数3万件以上
・業務時間後や土日も対応
登録者数No.1
・利用者の平均年収862万円
・契約更新率90%以上
案件数約1万件3万件以上約38,000件
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
公式サイト 登録する 登録する 登録する

1. テクフリ

おすすめ度4.7
案件数約1万件
テクニカルサポート案件数約40件
ここがおすすめ!

平均単価81.2万円

・参画まで最短2日

・エンド直契約が98%以上

テクフリはフリーランスエンジニア向けのフリーランスエージェントです。

営業活動などの業務を代行し、仕事に集中できる環境作りをサポートしてくれます。

案件参画まで最短2日で、サイトに登録すればスムーズに案件を紹介してもらえます。

保有案件も多いので、優良案件を獲得できる可能性が高いでしょう。

テクフリを利用するメリットは、他のサイトより中間マージン率が低く設定されていることです。

ほとんどの案件が直契約となっているため、余計なマージンを取られる心配はありません。

そういったこともあり、数多くのユーザーが収入アップを実現しています。

他のサイトと似たような案件に応募するなら、テクフリ経由で採用してもらう方が高単価を狙えます。

公式サイト
>>『テクフリ』無料登録はこちら

テクフリの口コミ

【迅速な対応】
複数のエージェントを利用しましたが、対応のスピードが一番早かったです。
営業担当の方が迅速に対応してくれたおかげで、希望している時期よりも早く参画することができました!

>>公式サイトより一部抜粋

【フリーランスに転身】
正社員からのフリーランス転身で、最初は不安でしたが、テクフリでいざ働いてみると、残業がほぼ0で、かつもらえるお金も格段に増えました!
平日でも家でゆっくりと家族と過ごすことができるようになり、趣味にも時間とお金をかけられるようになりました!

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種サーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、インフラエンジニア、プロジェクトマネージャー、アプリケーションエンジニア、プロジェクトマネジメントオフィス、Webディレクター、UI/UXデザイナー、その他クリエイター、ゲームプランナー、クライアントエンジニア、iOSエンジニア、データサイエンティスト、ITコンサルタント、組み込み、制御エンジニア、Androidエンジニア、Webデザイナー、ネットワークエンジニア、CGデザイナー、テストエンジニア、営業アシスタント、イラストレーター、グラフィックデザイナー、モーションデザイナー、Webマーケター、ゲームディレクター、シナリオライター、エフェクトデザイナー、編集、ライター
対応エリア東北・関東・中部・関西・中国・九州・沖縄
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い

 

テクフリのおすすめ案件例

Azure_NWのテクニカルサポート

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜88万円/月
稼働日数週5日
ポジションカスタマーサポート
業務内容Azure_NWに関する利用者様からの問合せ対応
(主に一次受付を担当)
言語
必要スキルNWに関する知識、Azure知識
(1)NWの開発経験(設計、構築、運用保守)
(2)Azureに関する知識(AZ-104またはAZ-700)、Azure開発経験(設計、構築)
※(1)か(2)どちらかを有しているでも可
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.techcareer.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

フロント/テクニカルの施策開発

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜72万円/月
稼働日数週5日
ポジションカスタマーサポート
業務内容フロントエンドとして、施策開発のためのHTML/CSS/JavaScript(jQuery含む)を活用したデザイン制作及び施策開発業務
テクニカルサポートとして、顧客やグロースハッカー及び社内のプロジェクトマネージャーやディレクターの技術的な課題を解決するためのテクニカルサポート業務
言語CSS3、HTML5、JavaScript
必要スキルHTML/CSS/JavaScript(jQuery含む)プログラミングのご経験 3年以上
ブラウザ上でのWebページ動作に関する基本的な技術知識とスキル
要件定義の経験が豊富な方
技術課題に対するテクニカルサポート業務を円滑に進めるためのコミュニケーションスキル
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.techcareer.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

2. テックビズフリーランス

おすすめ度4.5
案件数3万件以上
テクニカルサポート案件数
ここがおすすめ!

案件継続率97%以上

・案件数3万件以上

・業務時間後や土日も対応

テックビズフリーランスは、全国各地に拠点を持つフリーランスエージェントです。

独立経験がある専属コンサルタントがフリーランスについて、独立や案件参画などをサポートしてくれます。

案件登録数は約3万件もあるので、自分に合った案件が見つかるでしょう。

独立の経験があるコンサルタントが担当してくれることで、仕事に対する不安を理解した上で案件選びの相談にのってもらえます。

リモート案件も多数保有しているので、自分が希望するライフスタイルを実現できるでしょう。

夜間帯や土日などでも相談できるので、毎日忙しい方でも安心してサポートを受けられます。

独立を検討している段階から登録しておくと、会社退職後からスムーズにフリーランスとして働けるでしょう。

公式サイト
>>『テックビズフリーランス』無料登録はこちら

テックビズフリーランスの口コミ

サポートが手厚い
開業届から記帳代行、確定申告まで無料でフルサポートいただけるのは非常にありがたいです。
記帳代行は領収書PDFを送付すればOKという手軽さです。

>>公式サイトより一部抜粋

経験が浅くても大丈夫
エンジニア経験が約2年と、経験が浅いので仕事が決まるか不安でしたが、親身になって多くの案件を提案いただけました。

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種エンジニア全般
対応エリア
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い月末締め・翌月20日払い
(即日払いも可)

 

3. レバテックフリーランス

おすすめ度4.3
案件数約38,000件
テクニカルサポート案件数約250件
ここがおすすめ!

登録者数No.1

・利用者の平均年収862万円

・契約更新率90%以上

レバテックフリーランスはレバテック株式会社が運営するサイトです。

業界認知度No.1で、年間案件提案数は10万件以上あるといわれています。

リモートや複業・副業など幅広い種類の案件を有しているのが特徴。

単価の高い案件も多いため、収入アップが期待できます。

テクニカルサポートの案件はもちろんのこと、デザイナーやディレクターなどIT系の職種全般を取り扱っています。

IT業界の知識が豊富なエージェントが在籍しており、手厚いサポートを受けられます。

また、福利厚生パッケージのレバテックケアを提供しているのも嬉しいポイントです。

フリーランスの案件が途切れないように、専任の担当者が新しい案件を提案してくれます。

さらに割引価格で会計ソフトを利用できるなど、フリーランスに必要なサポートを提供してくれる便利なサービスです。

公式サイト
>>『レバテックフリーランス』無料登録はこちら

レバテックフリーランスの口コミ

スピード感が良い
最もレスポンスが速かったのがレバテックフリーランスでした。
初回のカウンセリングでいくつか案件をいただいた中で、最初に商談が組まれた通信キャリア会社の案件ですぐに決定したんです。
このスピード感だったので、他のエージェントさんをちゃんと利用する前に終わりましたね。

>>公式サイトより一部抜粋

希望を汲んでくれる
スキルアップのために、これまであまり深く経験する機会のなかったインフラ領域へ挑戦できる案件を希望していました。
その他にも、いくつか希望をお伝えしたのですが、インフラ系の案件を5件ほど、PMOの案件も1、2件ご提案してもらいまして、かなり希望を汲んでもらえた印象です。
こちらの希望だけでなく「今のスキルからすると、こういう経験を伸ばすのはどうですか?」という提案もしてもらえたのもよかったですね。

>>公式サイトより一部抜粋

案件を探しやすい
レバテックのサイトを覗いてみると、条件やプロジェクトの雰囲気など、それぞれの案件について多くの情報が公開されていて、自分が案件に参画している様子を想像しやすくて安心しました。
イメージよりもずっと、案件を探しやすい感じでしたね。

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種アプリケーションエンジニア、フロントエンドエンジニア、サーバーサイドエンジニア、プロジェクトマネージャー、サーバーエンジニア・プロジェクトリーダー、インフラエンジニア、PMO、組込、制御エンジニア、ITコンサルタント、汎用系エンジニア、データサイエンティスト、データベースエンジニア、社内SE、ネットワークエンジニア、テクニカルサポート、セキュリティエンジニア、テストエンジニア
対応エリア関東・東海・関西・九州
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い月末締め・翌月15日払い

 

テクフリのおすすめ案件例

医療業界向けオフショア開発支援

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜60万円/月
稼働日数週5日
ポジションテクニカルサポート
業務内容パッケージの導入、保守に関わる各種作業
問い合わせ対応、各種設計書の作成など
テクニカルサポート支援全般
不具合の調査、解決の提案、
PL/SQLのデータ移行など
導入先の要望に合わせた設定の変更など
言語
必要スキル英語を使った実務経験(読み、書き、会話)
Webシステムの開発実務経験
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.levtech.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

導入提案支援

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜65万円/月
稼働日数週5日
ポジションテクニカルサポート
業務内容Microsoft365導入営業の支援業務
-提案書作成
-営業が提案する案件に対し、希望条件のヒアリングおよび整理
言語
必要スキルWindoowsの知見
Micorosoft Office(Excel/Word/Powerpoint)の知見
提案資料作成経験
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.levtech.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

テクニカルサポートに求められるスキルは?

専門知識

テクニカルサポートには、担当する製品やサービスに関する知識が欠かせません。

設定や使用方法はもちろん、よくあるトラブルや故障時の対応などについても把握しておくようにしましょう。

中には、製品やサービスの提供ベンダーから発行される資格の取得が求められる場合もあります。

分析能力

トラブルを解決するためには、集めた情報を整理し、分析するスキルが必須です。

顧客からヒアリングした情報をもとに、製品の技術仕様や過去の事例などを参考にしながらトラブルに対処していきます。

トラブルの原因を正確に突き止めることが出来るよう、分析能力を磨きましょう。

コミュニケーションスキル

長期的な信頼関係を築くために必要になるのが、コミュニケーションスキルです。

情報を送る側と受ける側との双方向のコミュニケーションを、2WAYコミュニケーションと言います。

製品の故障など、顧客が伝えようとしていることや要望が何なのか把握できるようになりましょう。

また、専門知識を持たない場合でも理解できるよう、解決方法などについて分かりやすく説明する必要があります。

誤解が生じないように注意しながら、正確な情報を伝えることを心がけましょう。

未経験者がテクニカルサポートの案件を獲得するには?

コミュニケーションスキルを磨く

テクニカルサポートの仕事を円滑に進めるには、コミュニケーションスキルが欠かせません。

これは、テクニカルサポートの仕事であるトラブルの解決策を考えるには、まず顧客の現状を正確に把握するヒアリング能力が必須なためです。

厳しい言い方をすれば、そもそも顧客の抱えているトラブルを理解できずして、テクニカルサポートの仕事をすることはできません。

顧客のニーズをスムーズに理解できるコミュニケーションスキルがあってはじめて、満足度の高いサービスを提供できるようになります。

資格を取得する

テクニカルサポートの仕事の質を上げたいなら、幅広いIT関連の知識を持っているに越したことはありません。

もちろん取り扱う製品やサービスの詳細については、マニュアルで理解を深めれば十分です。

ただ、土台となるIT全般の知識があるかどうかも、業務の質に大きく影響する要素です。

そのため、未経験者の人がテクニカルサポートの案件を獲得したいなら、資格取得にチャレンジしてみるのがおすすめです。

たとえば、ITパスポート試験や基本情報処理技術者試験などであれば、ITに関する知識を体系的に身に付けられる上にIT業界未経験の人でも比較的取得しやすい資格になっています。

テクニカルサポートの単価相場は?

数多くあるIT系の仕事の中でもテクニカルサポートの案件数はそれほど多くありません。

人材の育成にコストを掛けられる大企業は、自社で専任のスタッフを常駐させているケースも多く、外部に依頼する必要がないのが主な理由です。

一方で、案件に対する報酬は比較的高めで、初心者でも30万円前後、キャリアを重ねたベテランになると1案件で100万円以上稼ぐことも可能です。

テクニカルサポートの単価をアップさせる方法は?

課題意識を持って業務に取り組む

テクニカルサポートの仕事で実績を積むには、着実に与えられた業務をこなしていくことがまずは前提です。

しかし単価を上げたいのならば、日々の業務をこなすだけでなく、課題意識をきちんと持って仕事に向き合うことが大切になります。

課題意識を持つには、クライアントが何を求めているのかを把握し、それに確実に応えることが必要です。

そして何が問題でどういう解決策が必要なのか、どんな方法が適切なのかを考えます。

さらに、ニーズを超える成果を出すことを目標に、誠実に向き合うことが大切になります。

そうすることで、日々の仕事のクオリティも上がりますし、クライアントからの信頼が得られれば、単価アップの可能性が高まります。

スキルアップする

クライアントはテクニカルサポートが案件にどれだけ貢献してくれたかを判断します。

つまり、貢献度が高ければ高いほど単価も上がる可能性があるのです。

そのためには、日々の研鑽が大切であり、優秀なエンジニアほど勉強を欠かさないとも言われています。

特に、ITの分野というのは日進月歩であり、素早いスピードで情報が更新されます。

それに適応するためには、常に新たな情報をキャッチすること、そして勉強会などがあれば積極的に参加し、自分に不足しているスキルを補うべく努力することが肝心です。

テクニカルサポートが高単価案件を探す方法は?

知人や顧客からの紹介

フリーランスのテクニカルサポートとしてコンスタントに仕事を確保していく方法の一つが紹介です。

IT系の仕事の中でもテクニカルサポートの案件は限られているので、他の職種と同じやり方では安定した仕事を確保するのは難しくなります。

時には知人や過去に仕事をした人に仕事を紹介してもらうという形を取ることも必要です。

営業活動

仕事を紹介してもらえる知人や顧客の当てがないという人は、自分から企業に売り込んで行くという選択肢もあります。

一口に売り込みと言っても電話やメール、会社訪問などやり方は様々です。

電話やメールは場所を選ばずどこでもできる上に移動の手間を省けるメリットがあります。

その反面、言葉だけで必要な情報を伝えなくてはいけないため、業界での知名度がないと成功率は低くなりがちです。

会社訪問は直接会って話ができるのでポートフォリオなどを使って具体的な説明ができるという利点があります。

実績が乏しく知名度も低いフリーになったばかりの人でも自分の魅力を伝えることができる点は強みです。

ただし、移動の手間が掛かるので1日に訪問できる数に限りがあります。

フリーランスエージェントを使う

フリーランスが仕事を獲得する方法で、比較的多いのがフリーランスエージェントを利用することです。

正社員向けではなく、フリーランス専門のエージェントを活用するとスムーズに探せます。

テクニカルサポートの将来性は?

需要は今後もある

多種多様なアプリケーションやハードウェアが続々とリリースされる昨今の時代、テクニカルサポートの需要は今後も安定すると見られています。

今までと全く違ったインタフェースを搭載したハードウェアや、ソフトウェアのアップデートで大幅に仕様変更が実施されたアプリケーション等、こういった製品の変化が起きた時、ユーザーはテクニカルサポートの支援が必要です。

優秀なテクニカルサポートが働くオフィス、IT企業はユーザーからの評価や評判が良くなります。

テクニカルサポートの仕事には高度なコミュニケーションスキルとIT技術に精通した知識などが要求され、優秀な人材へのニーズは高いです。

通過点として捉えるべき

IT時代となって久しい昨今ですが、デジタルディバイドの問題は解消されておらず、AIの進歩や自動化の技術が目覚しい今日でも、テクニカルサポートの仕事は減らない見込みです。

ただ、テクニカルサポートをアウトソーシングしたり、簡易的な顧客サポートに関してはAIへの移行を進める動きも見られます。

今後の環境変化によって需要が上下する可能性もあり、エキスパートとしてテクニカルサポートの分野に特化するよりも、ステップアップの通過点として考えた方が良い、との見方があります。

自分なりのやりがいを見つけていく

開発などの技術系と違ってテクニカルサポートはユーザーからの問い合わせなど会話がメインの仕事になります。

問い合わせ対応の仕事は理不尽なクレームや無理難題を押し付けられるなど、業務を通してストレスが溜まりがちです。

問題解決による達成感など、自分なりのやりがいを見つけていくことが無理なく仕事を続けていくコツと言えます。

>>テクニカルサポートのフリーランスエージェントおすすめ15選を比較ランキング | 求人・仕事探し向け

シープロ編集部

シープロ編集部です。
「これからフリーランスとして独立したい人」「既にフリーランスとして活躍している人」向けに役立つ情報を紹介していきます。

Seeks Project(シープロ)
タイトルとURLをコピーしました