サーバーエンジニアがフリーランスになるには?求められるスキル・単価相場は?

エンジニア
エンジニア

IT化の浸透に伴い、プログラミング言語も数多く開発され、多種多様となっています。

サーバーエンジニアとして活躍していきたい人にとって、案件の獲得は重要なことでしょう。

安定した収入を得るためにも、高単価なフリーランス案件を探せる方法を知っておきたいものですよね。

今回の記事では、サーバーエンジニアがフリーランスを目指す方法や求められるスキルなどについてご紹介します。

サーバーエンジニアの仕事内容は?

そもそもサーバーエンジニアとは?

サーバーエンジニアとは、ウェブサービスなどで提供されているサーバーの構築や設計、保守や管理などをするエンジニアです。

依頼者の要望に合わせてサーバーの構築をしたり、業務に支障をきたさないようにサーバーの管理などを行います。

サーバーエンジニアは任される業務の幅が広いことが特徴的で、色々な種類のサーバーに対応することが出来る知識や技術、トラブルが発生したときの対処方法を事前に学ぶ必要があります。

また、サーバーに何かトラブルが起きないようにセキュリティー対策を施すのもサーバーエンジニアの役目となっています。

サーバーの設計・構築

サーバーの設計や構築作業では、まず上手くサーバーを動かすための設計をします。

依頼者の希望に合わせてサーバーの種類はどんなものが適切なのか、どのくらいの数が必要なのか考えます。

サーバーに必要なスペックの内容や処理能力、電源の確保やネット回線の速度も同時に設計します。

また、スペックとコストのバランス、完成までに必要な期間やスケジュールも検討します。

スムーズに運用することが出来る設計になるまで、何度も見直すことが大切な作業です。

設計の作業を終えると、構築に移ります。

サーバーをラックに配置して、パソコンなどの周辺機器と繋ぎます。

電源は確保出来る位置に配置しているのか、作業に支障が出ないかなどもチェックします。

配置が完了したら実際に動かすためのオペレーションシステムを入れたり、運用に欠かせないアプリをインストールすると構築作業は終了です。

サーバーの保守・運用

保守や運用の仕事では、まず構築したサーバーを実際に運用させていきます。

さらに構築したサーバーがトラブルなく、正常に動いているか保守点検をします。

何らかの問題点や改善点が見つかったときには、すぐに手直しをしていきます。

サーバーのトラブルが発生すると依頼者側の損害に繋がることもありますので、慎重に点検することが求められます。

また、バックアップがきちんとされているのか確認することも大事で、サーバー攻撃などを受けてしまったときも大切なデータを守れるようにしておきます。

セキュリティー対策も定期的に確認して、外部からの攻撃に耐えられるようにしておくのもサーバーエンジニアの仕事です。

フリーランスエンジニアとは?

フリーランスエンジニアとは、特定の企業に雇用されないエンジニアのこと。

案件ごとに業託契約を交わし、成果物を納品、もしくは契約に決められた業務を遂行して報酬をもらいます。

募集している職種も幅広く、プログラマーやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーなど様々です。

働き方

フリーランスエンジニアの働き方は大きく分けて以下の2つです。

  • リモート型
  • 客先常駐型

リモート型とは、取引先に出社せず自宅や外出先で業務をする働き方。

フリーランスエンジニアで、最もオーソドックスなワークスタイルです。

主にWeb系やゲーム開発などの案件で多く見られ、成果物さえ納品すれば他に制約がないのがポイントです。

客先常駐型は、取引先に出向いて仕事をする働き方。

会社員と同じくオフィスへの出社義務、服装規定などがある案件が多いです。

年収

大手フリーランスエージェントのレバテックフリーランスによると、フリーランスエンジニアの平均年収は600万円~920万円。

エンジニア全体の平均年収が568万円であることを踏まえると、少し高い傾向にあります。

ただし、案件によって単価に差があるのも、フリーランスエンジニアの大きな特徴。

例えば大手フリーランスサイトのエンジニアスタイル東京によると、同じJavaの案件でも平均単価は66万円ですが、幅は10万~200万円と差があります。

平均年収は高いですが、実力によっては会社員以上に収入に差が出ます。

年齢比率

クラウドソーシングサービス「Lancers」の調査によると、フリーランスの年代は以下のようになっています。

引用:Laccers|フリーランス実態調査2021

意外に思われるかもしれませんが、50代以上の割合が大きく、働き方によっては全体の60%以上を占めています。

高い年代のフリーランスエンジニアは、会社員時代に築いたスキルと人脈を武器に独立している傾向にあります。

正社員だと役職定年やリストラなど、年齢が上がるにつれて不利な扱いを受けることが増えます。

しかし、フリーランスエンジニアでは過去の実務経験やスキルで活躍しやすくなるでしょう。

サーバーエンジニアがフリーランスを目指す4ステップ!

1. 独学でプログラミングの基礎を勉強

まずは独学でプログラミングの初歩を勉強しましょう。

後のプログラミングスクールでスムーズにスキルアップするためです。

具体的な方法は次の2つ。

  • 入門書を読む
  • フリーのプログラミングサイトで勉強

今ではプログラミングどころか、PC操作すら疎い人でもプログラミングを学べる書籍が充実しています。

ネットでも、初級プログラミングを無料で学べるサイトがたくさんあります。

この辺りから自分で「プログラミングとはどんなものなのか」を体験してください。

なお、勉強する際には必ず手を動かすようにしましょう。

本を読んだりサイトを眺めたりするだけでは分かった気になるだけで、エラーの対処法やプログラムを動かす楽しさを理解できません。

簡単なプログラミングでエンジニアの仕事を疑似体験することが大切です。

2. プログラミングスクールに通う

独学でプログラミングの感覚を掴めたら、プログラミングスクールで本格的に勉強しましょう。

プログラミングスクールで学ぶメリットは以下の通り。

スクールのメリット

現役のエンジニアが講師
いつでも気軽に質問できる
実践に近いカリキュラムで学べる
就職サポートがあるスクールが多い
大学や専門学校より学費が安い
オンライン講義やオンデマンド教材など時間に融通が利く

近年は、就職を見据えてハイレベルな実習を受けられるスクールも増えています。

卒業制作では商品レベルの成果物を開発することも珍しくないため、短期間でスキルアップが可能です。

公式サイト
>>利用満足度No.1の「tech boost」の公式サイト!月額6,500円〜で選べるコース。エンジニアに特化した人材会社が転職をサポート!

3. 就職して実務経験を積む

プログラミングスクールでスキルを身に付けたら、いきなり独立するのではなく、一度就職して実務経験を積みましょう。

未経験からエンジニアとして転職するルートは主に3つ。

  • 未経験OKの求人に応募
  • 転職エージェントを活用
  • プログラミングスクールの就職サポート

会社員で2~3年ほど実務経験を積めば仕事の要領が分かります。

公式サイト
>>IT転職の案件数が業界最大規模!「レバテックキャリア」に無料登録する!

4. フリーランス案件にチャレンジ

会社員としてエンジニアの実務経験を積んだら、それを実績にして案件を受注しましょう。

案件を探す方法は主に次の5つ。

案件の探し方

知人・友人に紹介してもらう
前職の会社と取引
クラウドソーシングを使う
フリーランスエージェントを活用
企業に直営業

上記で特におすすめの案件獲得法はフリーランスエージェントの活用。

フリーランスエージェントとは、案件を発注したい企業とエンジニアをマッチングしてくれるサービスのことです。

営業・事務代行や単価交渉、キャリアカウンセリングもしてくれるため、駆け出しフリーランスには心強い味方といえるでしょう。

サーバーエンジニア向けフリーランスエージェントBest3

フリーランス
エージェント
テクフリ

テックビズフリーランス

レバテックフリーランス

おすすめ度4.74.54.3
ポイント平均単価81.2万円
・参画まで最短2日
・エンド直契約が98%以上
案件継続率97%以上
・案件数3万件以上
・業務時間後や土日も対応
登録者数No.1
・利用者の平均年収862万円
・契約更新率90%以上
案件数約1万件3万件以上約38,000件
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
公式サイト 登録する 登録する 登録する

1. テクフリ

おすすめ度4.7
案件数約1万件
サーバーエンジニア案件数約3,300件
ここがおすすめ!

平均単価81.2万円

・参画まで最短2日

・エンド直契約が98%以上

テクフリは中間マージン10%の案件があるなど、マージンが低いことが特徴です。

経験を求められる案件が多いですが、その分単価が高く高収入を期待できます。

案件・求人数は1万件前後で、関東を中心とした案件を紹介しています。

福利厚生が充実しているのも大きな特徴。

多企業参画型の福利厚生サービスが利用でき、コワーキングスペースの割引券やデリバリーサービスの優待、病気などで働けない状態になった時の保険金支給などが受けられます。

税理士紹介のサービスもあり、フリーランスでありながら安心して働ける環境が整っているのが強みです。

公式サイト
>>『テクフリ』無料登録はこちら

テクフリの口コミ

【迅速な対応】
複数のエージェントを利用しましたが、対応のスピードが一番早かったです。
営業担当の方が迅速に対応してくれたおかげで、希望している時期よりも早く参画することができました!

>>公式サイトより一部抜粋

【フリーランスに転身】
正社員からのフリーランス転身で、最初は不安でしたが、テクフリでいざ働いてみると、残業がほぼ0で、かつもらえるお金も格段に増えました!
平日でも家でゆっくりと家族と過ごすことができるようになり、趣味にも時間とお金をかけられるようになりました!

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種サーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、インフラエンジニア、プロジェクトマネージャー、アプリケーションエンジニア、プロジェクトマネジメントオフィス、Webディレクター、UI/UXデザイナー、その他クリエイター、ゲームプランナー、クライアントエンジニア、iOSエンジニア、データサイエンティスト、ITコンサルタント、組み込み、制御エンジニア、Androidエンジニア、Webデザイナー、ネットワークエンジニア、CGデザイナー、テストエンジニア、営業アシスタント、イラストレーター、グラフィックデザイナー、モーションデザイナー、Webマーケター、ゲームディレクター、シナリオライター、エフェクトデザイナー、編集、ライター
対応エリア東北・関東・中部・関西・中国・九州・沖縄
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い

 

テクフリのおすすめ案件例

マンガアプリ及び新規サービスのサーバーサイドエンジニア

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜88万円/月
稼働日数週4日〜
ポジションサーバーサイドエンジニア
業務内容マンガアプリの開発と新規アプリの開発業務
言語Ruby
必要スキルサーバーサイドエンジニアとしての実務経験 5年以上
Ruby on Railsを用いた開発経験3年以上
一人称で開発をすることができ、自走できる方(ミドルレベル以上がmust)
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.techcareer.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

決済サービス提供会社システム開発

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜72万円/月
稼働日数週5日
ポジションサーバーサイドエンジニア
業務内容要件定義からシステム設計
テスト設計、受入
外部とのQA
言語
必要スキル上流工程経験
コミュニケーションスキル
英語(あれば尚可)
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.techcareer.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

2. テックビズフリーランス

おすすめ度4.5
案件数3万件以上
サーバーエンジニア案件数
ここがおすすめ!

案件継続率97%以上

・案件数3万件以上

・業務時間後や土日も対応

テックビズフリーランスはミドル層エンジニアに向けたフリーランスエージェントです。

案件登録数は3万件を超えており、多様な領域の案件が揃っています。

土日の相談に対応しているので、会社に勤めながらでもフリーランスを目指せるでしょう。

専任のコンサルタントから手厚いサポートが受けられるのも特徴です。

案件獲得や独立後のキャリアプランについて相談できます。

税務面の相談についても対応可能。

テックビズフリーランスの税理士に記帳や確定申告までサポートして貰えるので、本業に集中して取り組むことができます。

独立する際に悩みとなりやすい税金やキャリアプランについて手厚いサポートが受けられるので、これからフリーランスを目指そうとしている方に向いています。

公式サイト
>>『テックビズフリーランス』無料登録はこちら

テックビズフリーランスの口コミ

サポートが手厚い
開業届から記帳代行、確定申告まで無料でフルサポートいただけるのは非常にありがたいです。
記帳代行は領収書PDFを送付すればOKという手軽さです。

>>公式サイトより一部抜粋

経験が浅くても大丈夫
エンジニア経験が約2年と、経験が浅いので仕事が決まるか不安でしたが、親身になって多くの案件を提案いただけました。

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種エンジニア全般
対応エリア
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い月末締め・翌月20日払い
(即日払いも可)

 

3. レバテックフリーランス

おすすめ度4.3
案件数約38,000件
サーバーエンジニア案件数約2,800件
ここがおすすめ!

登録者数No.1

・利用者の平均年収862万円

・契約更新率90%以上

レバテックフリーランスは、エンジニアの求人を15年以上扱ってきた実績を持つフリーランスエージェントです。

関東や関西、九州を中心とした地域に対応しており、年間提案数は10万件を超えるなど業界でもトップクラスの案件数を保有しています。

豊富な専門知識を持ったコーディネーターによるサポートが受けられるので、マッチング精度が高いのも魅力です。

企業との関わりが深く、人事担当だけでなく現場のプロジェクトマネージャーにもヒアリングを行っています。

そのため、企業が求めている人材を深く理解できており、入社後のギャップが小さくなりやすいです。

また、豊富な実績から常駐先となる企業との直接取引を実現させており、マージンを抑えることによって高単価な案件を多数揃えています。

公式サイト
>>『レバテックフリーランス』無料登録はこちら

レバテックフリーランスの口コミ

スピード感が良い
最もレスポンスが速かったのがレバテックフリーランスでした。
初回のカウンセリングでいくつか案件をいただいた中で、最初に商談が組まれた通信キャリア会社の案件ですぐに決定したんです。
このスピード感だったので、他のエージェントさんをちゃんと利用する前に終わりましたね。

>>公式サイトより一部抜粋

希望を汲んでくれる
スキルアップのために、これまであまり深く経験する機会のなかったインフラ領域へ挑戦できる案件を希望していました。
その他にも、いくつか希望をお伝えしたのですが、インフラ系の案件を5件ほど、PMOの案件も1、2件ご提案してもらいまして、かなり希望を汲んでもらえた印象です。
こちらの希望だけでなく「今のスキルからすると、こういう経験を伸ばすのはどうですか?」という提案もしてもらえたのもよかったですね。

>>公式サイトより一部抜粋

案件を探しやすい
レバテックのサイトを覗いてみると、条件やプロジェクトの雰囲気など、それぞれの案件について多くの情報が公開されていて、自分が案件に参画している様子を想像しやすくて安心しました。
イメージよりもずっと、案件を探しやすい感じでしたね。

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種アプリケーションエンジニア、フロントエンドエンジニア、サーバーサイドエンジニア、プロジェクトマネージャー、サーバーエンジニア・プロジェクトリーダー、インフラエンジニア、PMO、組込、制御エンジニア、ITコンサルタント、汎用系エンジニア、データサイエンティスト、データベースエンジニア、社内SE、ネットワークエンジニア、テクニカルサポート、セキュリティエンジニア、テストエンジニア
対応エリア関東・東海・関西・九州
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い月末締め・翌月15日払い

 

レバテックフリーランスのおすすめ案件例

仮想サーバー運用

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜95万円/月
稼働日数週3日〜
ポジションサーバーエンジニア、インフラエンジニア
業務内容社内の仮想サーバー運用
言語
必要スキル下記いずれかの仮想サーバーの運用経験2年以上
– AWS
– Azure
– GCP
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.levtech.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

官公庁システムHW導入

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜65万円/月
稼働日数週5日
ポジションサーバーエンジニア、インフラエンジニア、テストエンジニア
業務内容Systemwalker製品の設計/構築/テスト
AGENTサーバの構築/商用環境マネジャへの登録
定例会参加/調整作業/作業申請書提出 等
言語
必要スキルSystemwalker Centric Manager知見/経験
Systemwalker Operation Manager知見/経験(ジョブネット設計/作成経験)
Systemwalker Service Quality Coordinator知見/経験
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.levtech.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

サーバーエンジニアに必要なスキルは?

サーバー関連

サーバーエンジニアのメイン業務は、サーバーを構築したり運用することです。

そのため、サーバー操作に必要なサーバーOSに関する知識やスキルなくしてそもそもサーバーエンジニアになることはできません。

ただ、サーバーOSと一言で言っても、LinuxやWindows Server、Unixなどさまざまな種類があります。

そして、そのすべてに精通している必要はありません。

もちろん知識やスキルが多いに越したことはないものの、企業や案件によって使うサーバーOSは異なります。

その仕事に必要な知識があれば問題ないでしょう。

そんなサーバーエンジニアにはサーバーOSに関する知識に加えて、サーバーの運用や保守を行えるスキルも必要です。

特に運用や保守は若手サーバーエンジニアが最初に任されることが多い仕事です。

専用ツールで監視を行うストレージ容量やCPU使用率、メモリ状況などの閾値にある程度精通している必要があります。

さらに、サーバーエンジニアとしてスキルアップを目指したいなら、サーバー設計のスキルを身に着けておくと武器になります。

セキュリティ関連

サーバーエンジニアが取り扱うサーバーには、個人情報や顧客情報など外部に漏らしてはいけない情報がたくさん格納されているという特徴があります。

そして、それらの情報を外部から守るための対策を施すというのもサーバーエンジニアの重要な仕事です。

そのため、仕事をするにあたって、セキュリティソフトやセキュリティマネジメント、さらにはファイヤウォールなど、幅広いセキュリティ関連の知識が欠かせません。

これらセキュリティ関連の知識に長けていることも、サーバーエンジニアの必須スキルです。

クラウド関連

近年、クラウド型のサーバーを利用するケースが増えています。

そのため、より需要のあるサーバーエンジニアを目指したいなら、クラウドサーバーの知識に磨きをかけておくのがおすすめです。

クラウド型のサーバーはすべての企業や案件が導入しているものではありませんので、サーバーエンジニアに必須の知識というわけではありません。

ただ、確実にニーズが高まっている領域です。

スキルアップを目指したいなら、習得しておくべき知識と言えます。

未経験からサーバーエンジニアになる方法は?

知識を習得する

未経験でIT関連の業務に就く上で、基本とも言える事前準備の一つが専門知識の習得です。

数ある業界の中でも、IT系は特に高度な専門知識と技術が求められる業界と言われています。

比較的人気が高いサーバーエンジニアも同様に、パソコンを起動させるために必要となるOSを始めとした業務に関連する知識がなくては務まりません。

IT業界は日本に古くから残る年功序列ではなく、大半が個人が持つ能力と仕事の結果で評価をします。

経験を問われないことで他業種からの転職がしやすいとされるのはこれが理由です。

そのため、他業種から未経験でサーバーエンジニアに転職をする場合、面接では採用後に即戦力で活躍できるかが見極めのポイントになります。

質問に答えられるだけの知識を身に着けておくことが転職を成功させる秘訣です。

資格を取る

仕事に必要な資格の取得も転職を有利に進める有効な手段の一つです。

とはいえ、手当たり次第に資格を取っても、サーバーエンジニアとしての業務に活かせないものでは意味がありません。

サーバーエンジニアで活かせる代表的な資格の一つにMCPがあります。

マイクロソフト認定資格の略称とされるMCPは、文字通りソフトウェアの開発や販売を行っている企業の製品に関する知識を認定する資格です。

サーバーエンジニアに必要な知識を持っていることが証明できますので、業界未経験の人でも面接で好印象を持たれやすいと言われています。

そのほか、情報処理技術者試験、LinuCといった技術関係の資格も採用率を上げるのに有効です。

未経験OKの求人を探す

需要の増加に伴ってIT系の求人募集の数も増えていますが、採用条件は企業によって様々です。

中には資格の有無や年齢を問わず、経験者だけしか採用しない企業も少なくありません。

経験者限定の企業の場合、どれだけ知識を身に付けて専門資格を取得しても未経験という理由で断られてしまいます。

サーバーエンジニアの求人に応募をする時は、未経験者の採用を行っているか確かめることが基本です。

サーバーエンジニアの単価相場は?

新しくサーバーを構築したり、サーバーを保守・運用するのがサーバーエンジニアの仕事で、需要は安定しているのが特徴。

実際に、IT関連のフリーランス案件を4万件近く取り扱っているサイトでは、そのうちの3000件近くがサーバーエンジニアの求人になっています。

月額の案件別でみると、最も多いのが60万円台の仕事で、次に多いのが70万円台。

平均単価は66万円です。

また月額単価が100万円を超える案件もいくつか見られ、最高は165万円という高単価。

幅広い知識と高度な専門スキルを必要とする職種のため、かなりの売り手市場になっていることがうかがえます。

サーバーエンジニアが単価をアップさせる方法は?

上流工程の経験を積む

平均単価や最高単価が高いサーバーエンジニアの仕事ですが、すべての案件が高単価というわけではありません。

中には、月額単価が40万円に満たない求人が存在するのも事実。

単価を上げる方法の1つとしては、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーなどの上流工程に関わる職種を経験することがあります。

顧客へヒアリングすることから始まり、予算や納期の調整も行うので、コミュニケーション能力は必須だといえるでしょう。

月額単価100万円以上の案件では、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーの経験が必要スキルとされているものもあります。

単価をアップさせたい人は検討すべき選択肢です。

クラウド関連の知識を身につける

リモートワークや副業などが当たり前になりつつありますが、その要因としてはクラウドの急速な発展も考えられます。

今後もさらに普及することが予想される技術であるため、クラウドの知識を身につけることで、時代が求めるエンジニアになれるかもしれません。

アーキテクトスキルを磨く

ITアーキテクトやシステムアーキテクトのスキルを磨くことも、収入アップにつながるでしょう。

プロジェクト全体を俯瞰できる人は貴重な存在です。

実際に単価の高い案件には、必要スキルとしてアーキテクト設計の経験が含まれているものもあります。

サーバーエンジニアが高単価案件を探す方法は?

フリーランスエージェントを使う

フリーランスが仕事を獲得する方法で、比較的多いのがフリーランスエージェントを利用することです。

正社員向けではなく、フリーランス専門のエージェントを活用するとスムーズに探せます。

自分で営業する

自分で営業してみるのも案件の獲得につながっていくのではないでしょうか。

メールでアプローチしたり、友人や知人に相談したりする方法があります。

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会の調査によると、収入を得られる仕事獲得経路について人脈が最も多い結果となっています。

周りに仕事を紹介してくれそうな方がいる場合は、ぜひ頼ってみてください。

企業に直接アプローチする

エンジニアとしての能力に自信がある人は、直接企業に自分を売り込むのも一つの手です。

月給制の会社員と違ってフリーランスは案件ごとに報酬を得る形となるので、例え少額でも仕事の度に仲介手数料が取られると収入が減ります。

営業は案件サイトのようにエージェントを介さないため、中間マージンが発生しないのが利点です。

フリーランスのエンジニアは業界内での実績や知名度が契約に大きな影響を及ぼします。

営業で仕事の獲得を目指す場合には、自分と契約することで得られるメリットなど短時間で相手を納得させられる準備をしておかなくてはいけません。

伝手で案件を紹介してもらう

エンジニアに限らずフリーランスとして生き残るには、人脈を有効活用することも重要になります。

主な方法は会社員時代に業務で関わったことのある取引先の企業に契約を持ち掛ける、同業者のエンジニアに紹介してもらうなどです。

知人の紹介は飛び込みの営業に比べて成功率が高く、求人サイトに出回らない条件の良い案件を受けられるという利点があります。

SNSで発信する

プライベートのコミュニケーションツールとして利用する人も多いSNSで仕事を募集する人もいます。

SNSは国内だけでなく海外の企業にも売り込めるのが強みです。

ただ仕事を募集するだけでなく、自分の持っているスキルや過去の実績など具体的な情報を掲載すると声が掛かりやすくなります。

サーバーエンジニアの将来性は?

サーバーエンジニアの将来性

クラウドサービスの普及と浸透によって、物理的なサーバーに関する仕事は減少傾向にあります。

今後、物理サーバーの運用や保守などの業務も減る見込みです。

従来のサーバーエンジニアの仕事は減少が危ぶまれていますが、一方で時代に合ったクラウド型のサーバー構築に関する需要増加が期待されています。

物理的なサーバーが旧世代のインフラになったとしても、サーバーを活用して各種IT機器やITサービスを提供する環境は変わりません。

サーバーの形が様変わりしたとしても、その保守や運用の業務自体は減らず、サーバーエンジニアの将来性は明るいでしょう。

また、物理サーバーの減少やクラウドへの移行によって、フリーランスを目指すサーバーエンジニアが学ぶべきスキルが移り変わってきています。

同じITエンジニアの中でも、特にサーバーエンジニアを取り巻く環境はここ数年で目まぐるしく変化しており、一昔前の学び方にこだわらずクラウド時代に合わせた新しい知識と技術をバランス良く体得していく事が求められています。

サーバーエンジニアのキャリアパス

サーバーエンジニアとしてステップアップするためには、時代に合った知識と技術を柔軟に学んでいく必要があります。

特に昨今はIT関連の環境が急速に変化しており、フリーランスのサーバーエンジニアを目指す若手は長期的なキャリアプランを意識しなければなりません。

特にフリーランスとしてクライアントから様々な案件を受注するためには、自分自身の実力を客観的に示せる資格が必要です。

従来の資格取得に加えて、クラウド関連の資格取得を目指したいところです。

AIやプラットフォームの開発、サーバーOSやサーバー開発など、時代に合わせた資格勉強がフリーランスには要求されます。

サーバーエンジニアとして培った技術や知識は、ネットワークエンジニアの世界でも応用可能です。

仮に時代の流れでサーバー関連の仕事が一時的に減少したとしても、ネットワークの設計や構築などの案件を請け負えればエンジニアとして生計が立てられるでしょう。

まとめ

サーバーエンジニアは、フリーランスとして働くメリットが多く、多岐にわたって重宝されています。

需要が多いにも関わらず人材不足で高単価となっているため、サーバーエンジニアの実務経験を積んでおくことは、今後の財産となるでしょう。

ただし、AIの技術が進むことでサーバーエンジニアの需要は減少する可能性もあります。

なので、現在のスキルを高めるだけでなく、新しい技術や知識を身につけてスペシャリストを目指しましょう。

>>サーバーエンジニアのフリーランスエージェントおすすめ15選を比較ランキング | 求人・仕事探し向け

シープロ編集部

シープロ編集部です。
「これからフリーランスとして独立したい人」「既にフリーランスとして活躍している人」向けに役立つ情報を紹介していきます。

Seeks Project(シープロ)
タイトルとURLをコピーしました