Scalaでフリーランスを目指すには?求められるスキル・単価相場は?

エンジニア
エンジニア

Scalaは、Javaに変わる次世代のハイブリッド言語として注目を集めているプログラミング言語です。

国内では普及率が低いものの、エンジニア人口の少なさから市場価値が高く、高単価案件が多い傾向にあります。

今回の記事では、Scalaでフリーランスを目指す方法や求められるスキル、案件の単価相場などについて紹介しています。

Scalaでフリーランスを目指したい方は、是非とも参考にして下さい。

Scalaとは?

Scalaとは

2003年にリリースされたプログラミング言語です。

関数を組み合わせてコーディングする「関数型プログラミング」と、様々なオブジェクトを組み合わせて記述する「オブジェクト指向双方」の両方に対応できるのが特徴。

次世代のハイブリッド言語として期待されています。

Webサイトやアプリケーション開発など様々な領域で広く使われていますが、国内での普及率が低くエンジニア人口が少ないため、案件を抱えている企業も少なくありません。

メリット

最大のメリットは「簡単に使えて動作が早い」という点です。

また、他の言語に比べて短く書ける上、安全に使うことが出来るので、生産性・安全性が求められるエンジニア業界において高い評価を得ています。

また、メジャーな言語であるJavaのプログラムと互換性があり、JavaからのScalaメソッド呼び出し、Javaで書かれたクラスの引き継ぎといったこともでき、既存のJavaプログラムとも容易に連携できるのが特徴です。

現在も活発に開発が進められており、将来的にはJavaに変わる「次世代のプログラミング言語」になるのではないかという期待を集めています。

フリーランスエンジニアとは?

フリーランスエンジニアとは、特定の企業に雇用されないエンジニアのこと。

案件ごとに業託契約を交わし、成果物を納品、もしくは契約に決められた業務を遂行して報酬をもらいます。

募集している職種も幅広く、プログラマーやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーなど様々です。

働き方

フリーランスエンジニアの働き方は大きく分けて以下の2つです。

  • リモート型
  • 客先常駐型

リモート型とは、取引先に出社せず自宅や外出先で業務をする働き方。

フリーランスエンジニアで、最もオーソドックスなワークスタイルです。

主にWeb系やゲーム開発などの案件で多く見られ、成果物さえ納品すれば他に制約がないのがポイントです。

客先常駐型は、取引先に出向いて仕事をする働き方。

会社員と同じくオフィスへの出社義務、服装規定などがある案件が多いです。

年収

大手フリーランスエージェントのレバテックフリーランスによると、フリーランスエンジニアの平均年収は600万円~920万円。

エンジニア全体の平均年収が568万円であることを踏まえると、少し高い傾向にあります。

ただし、案件によって単価に差があるのも、フリーランスエンジニアの大きな特徴。

例えば大手フリーランスサイトのエンジニアスタイル東京によると、同じJavaの案件でも平均単価は66万円ですが、幅は10万~200万円と差があります。

平均年収は高いですが、実力によっては会社員以上に収入に差が出ます。

年齢比率

クラウドソーシングサービス「Lancers」の調査によると、フリーランスの年代は以下のようになっています。

引用:Laccers|フリーランス実態調査2021

意外に思われるかもしれませんが、50代以上の割合が大きく、働き方によっては全体の60%以上を占めています。

高い年代のフリーランスエンジニアは、会社員時代に築いたスキルと人脈を武器に独立している傾向にあります。

正社員だと役職定年やリストラなど、年齢が上がるにつれて不利な扱いを受けることが増えます。

しかし、フリーランスエンジニアでは過去の実務経験やスキルで活躍しやすくなるでしょう。

Scalaでフリーランスを目指す4ステップ!

1. 独学でプログラミングの基礎を勉強

まずは独学でプログラミングの初歩を勉強しましょう。

後のプログラミングスクールでスムーズにスキルアップするためです。

具体的な方法は次の2つ。

  • 入門書を読む
  • フリーのプログラミングサイトで勉強

今ではプログラミングどころか、PC操作すら疎い人でもプログラミングを学べる書籍が充実しています。

ネットでも、初級プログラミングを無料で学べるサイトがたくさんあります。

この辺りから自分で「プログラミングとはどんなものなのか」を体験してください。

なお、勉強する際には必ず手を動かすようにしましょう。

本を読んだりサイトを眺めたりするだけでは分かった気になるだけで、エラーの対処法やプログラムを動かす楽しさを理解できません。

簡単なプログラミングでエンジニアの仕事を疑似体験することが大切です。

2. プログラミングスクールに通う

独学でプログラミングの感覚を掴めたら、プログラミングスクールで本格的に勉強しましょう。

プログラミングスクールで学ぶメリットは以下の通り。

スクールのメリット

現役のエンジニアが講師
いつでも気軽に質問できる
実践に近いカリキュラムで学べる
就職サポートがあるスクールが多い
大学や専門学校より学費が安い
オンライン講義やオンデマンド教材など時間に融通が利く

近年は、就職を見据えてハイレベルな実習を受けられるスクールも増えています。

卒業制作では商品レベルの成果物を開発することも珍しくないため、短期間でスキルアップが可能です。

公式サイト
>>利用満足度No.1の「tech boost」の公式サイト!月額6,500円〜で選べるコース。エンジニアに特化した人材会社が転職をサポート!

3. 就職して実務経験を積む

プログラミングスクールでスキルを身に付けたら、いきなり独立するのではなく、一度就職して実務経験を積みましょう。

未経験からエンジニアとして転職するルートは主に3つ。

  • 未経験OKの求人に応募
  • 転職エージェントを活用
  • プログラミングスクールの就職サポート

会社員で2~3年ほど実務経験を積めば仕事の要領が分かります。

公式サイト
>>IT転職の案件数が業界最大規模!「レバテックキャリア」に無料登録する!

4. フリーランス案件にチャレンジ

会社員としてエンジニアの実務経験を積んだら、それを実績にして案件を受注しましょう。

案件を探す方法は主に次の5つ。

案件の探し方

知人・友人に紹介してもらう
前職の会社と取引
クラウドソーシングを使う
フリーランスエージェントを活用
企業に直営業

上記で特におすすめの案件獲得法はフリーランスエージェントの活用。

フリーランスエージェントとは、案件を発注したい企業とエンジニアをマッチングしてくれるサービスのことです。

営業・事務代行や単価交渉、キャリアカウンセリングもしてくれるため、駆け出しフリーランスには心強い味方といえるでしょう。

Scala向けフリーランスエージェントBest3

フリーランス
エージェント
テクフリ

テックビズフリーランス

レバテックフリーランス

おすすめ度4.74.54.3
ポイント平均単価81.2万円
・参画まで最短2日
・エンド直契約が98%以上
案件継続率97%以上
・案件数3万件以上
・業務時間後や土日も対応
登録者数No.1
・利用者の平均年収862万円
・契約更新率90%以上
案件数約1万件3万件以上約38,000件
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
公式サイト 登録する 登録する 登録する

1. テクフリ

おすすめ度4.7
案件数約1万件
Scala案件数約120件
ここがおすすめ!

平均単価81.2万円

・参画まで最短2日

・エンド直契約が98%以上

IT系エンジニアやデザイナーの案件に特化したフリーランスエージェントです。

「自由な働き方を実現」をコンセプトとしており、リモート案件や週3日勤務の案件など、個々の働き方にマッチした案件が揃っています。

さらに、案件提案や契約締結、勤怠管理などの事務業務も全てオンライン上で完結できるため、ネットワークさえあれば何処でも利用できるのも魅力です。

案件は毎月増加しており、2022年7月時点では10,000件以上。

その内97%がリモート案件となっており在宅ワ―カーに好評で、「継続して案件を受注できるようになった」「プライベートに時間を割けるようになった」という感想が上がっていました。

契約更新率が90%と高く、案件が途切れてしまわないようにサポートしてくれるので、継続して案件を取りたい在宅ワーカー向けのフリーランスエージェントと言えます。

公式サイト
>>『テクフリ』無料登録はこちら

テクフリの口コミ

【迅速な対応】
複数のエージェントを利用しましたが、対応のスピードが一番早かったです。
営業担当の方が迅速に対応してくれたおかげで、希望している時期よりも早く参画することができました!

>>公式サイトより一部抜粋

【フリーランスに転身】
正社員からのフリーランス転身で、最初は不安でしたが、テクフリでいざ働いてみると、残業がほぼ0で、かつもらえるお金も格段に増えました!
平日でも家でゆっくりと家族と過ごすことができるようになり、趣味にも時間とお金をかけられるようになりました!

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種サーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、インフラエンジニア、プロジェクトマネージャー、アプリケーションエンジニア、プロジェクトマネジメントオフィス、Webディレクター、UI/UXデザイナー、その他クリエイター、ゲームプランナー、クライアントエンジニア、iOSエンジニア、データサイエンティスト、ITコンサルタント、組み込み、制御エンジニア、Androidエンジニア、Webデザイナー、ネットワークエンジニア、CGデザイナー、テストエンジニア、営業アシスタント、イラストレーター、グラフィックデザイナー、モーションデザイナー、Webマーケター、ゲームディレクター、シナリオライター、エフェクトデザイナー、編集、ライター
対応エリア東北・関東・中部・関西・中国・九州・沖縄
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い

 

テクフリのおすすめ案件例

情報サービスのサーバーサイド開発

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜94万円/月
稼働日数週5日
ポジションサーバーサイドエンジニア
業務内容CLが複数保有している大規模サービス開発にフルスタックエンジニアとして携わっていただきます
言語Go、Java、JavaScript、Kotlin、Python、Scala、TypeScript
必要スキル深いエンジニアリングの知識、経験
言語のキャッチアップが得意な方
技術、開発が好きな方
要件定義からの開発経験
モダンな言語での開発経験
大規模サービスの開発経験
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.techcareer.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

恋愛系ゲームのサーバーサイド開発

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜50万円/月
稼働日数週5日
ポジションサーバーサイドエンジニア
業務内容サーバーアプリケーションのサーバーサイド開発業務全般
– 開発(アルゴリズムコードの整理等)
– ユースケース/テストシナリオ作成及び実行
言語Java、JavaScript、Scala
必要スキルJava or Scalaでの開発経験2年以上
(いづれかの言語で可読性/メンテナンス性を意識しプログラミング出来るレベル)
Vue.js等のJavaScript系モダンFWでの開発経験又は知見(年数不問)
DBの知識(ある程度複雑なSQLが組め、テーブル設計が可能なレベル)
Linux系コマンドの知識(ls, find, grep, scp等の基本コマンドが理解出来ている事)
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.techcareer.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

2. テックビズフリーランス

おすすめ度4.5
案件数3万件以上
Scala案件数
ここがおすすめ!

案件継続率97%以上

・案件数3万件以上

・業務時間後や土日も対応

IT業界では転職の難しい、ミドル層エンジニア向けのフリーランスエージェントです。

専属コンサルタントは全員が独立経験を持っており、案件探しから税務面の相談まであらゆるサポートを行ってくれます。

更に、記帳代行・確定申告も専属の税理士が実質無料サポートしてくれるため、業務に集中できるのもメリットです。

案件登録数は30,000件超と多く、希望に合わせてリモートか常駐かを選ぶことができるので、自分のライフスタイルに合った働き方ができます。

口コミでも「サポートが充実しているので、業務やスキルアップに集中できる」「開業届から確定申告までフルサポートしてくれるのが有り難い」など、サポートの丁寧さ・手厚さが評価されています。

なお、テックビズフリーランスでは業務時間後や土日の相談にも対応しているので、業務に追われて時間が取れないという方にもお勧めです。

公式サイト
>>『テックビズフリーランス』無料登録はこちら

テックビズフリーランスの口コミ

サポートが手厚い
開業届から記帳代行、確定申告まで無料でフルサポートいただけるのは非常にありがたいです。
記帳代行は領収書PDFを送付すればOKという手軽さです。

>>公式サイトより一部抜粋

経験が浅くても大丈夫
エンジニア経験が約2年と、経験が浅いので仕事が決まるか不安でしたが、親身になって多くの案件を提案いただけました。

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種エンジニア全般
対応エリア
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い月末締め・翌月20日払い
(即日払いも可)

 

3. レバテックフリーランス

おすすめ度4.3
案件数約38,000件
Scala案件数約330件
ここがおすすめ!

登録者数No.1

・利用者の平均年収862万円

・契約更新率90%以上

ITエンジニア特化のフリーランスエージェントです。

15年の実績を持ち、登録者数・認知度共に業界トップクラスを誇る大手のフリーランスエージェントで、年間案件提案数は10万件以上にのぼります。

業界動向・現場情報に精通したコーディネーターによるマッチングや、単価交渉・契約代行などの徹底したサポートに定評があり、営業スキルの低い初心者でも利用しやすいのがポイント。

サイト内では約38,000件の案件を取り揃えており、その内Scalaの案件数は約330件と他社と比べて多い傾向にあります。

口コミでは、「コンサルタントが優秀で紹介される案件の質が良い」「紹介を継続してくれるので案件に困らない」など、案件紹介の質を評価する声が上がっていました。

キャリア相談やアドバイスにも力を入れている他、初心者へのサポートも充実しているので、フリーランスを始めたばかりのエンジニアにお勧めのフリーランスエージェントです。

公式サイト
>>『レバテックフリーランス』無料登録はこちら

レバテックフリーランスの口コミ

スピード感が良い
最もレスポンスが速かったのがレバテックフリーランスでした。
初回のカウンセリングでいくつか案件をいただいた中で、最初に商談が組まれた通信キャリア会社の案件ですぐに決定したんです。
このスピード感だったので、他のエージェントさんをちゃんと利用する前に終わりましたね。

>>公式サイトより一部抜粋

希望を汲んでくれる
スキルアップのために、これまであまり深く経験する機会のなかったインフラ領域へ挑戦できる案件を希望していました。
その他にも、いくつか希望をお伝えしたのですが、インフラ系の案件を5件ほど、PMOの案件も1、2件ご提案してもらいまして、かなり希望を汲んでもらえた印象です。
こちらの希望だけでなく「今のスキルからすると、こういう経験を伸ばすのはどうですか?」という提案もしてもらえたのもよかったですね。

>>公式サイトより一部抜粋

案件を探しやすい
レバテックのサイトを覗いてみると、条件やプロジェクトの雰囲気など、それぞれの案件について多くの情報が公開されていて、自分が案件に参画している様子を想像しやすくて安心しました。
イメージよりもずっと、案件を探しやすい感じでしたね。

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種アプリケーションエンジニア、フロントエンドエンジニア、サーバーサイドエンジニア、プロジェクトマネージャー、サーバーエンジニア・プロジェクトリーダー、インフラエンジニア、PMO、組込、制御エンジニア、ITコンサルタント、汎用系エンジニア、データサイエンティスト、データベースエンジニア、社内SE、ネットワークエンジニア、テクニカルサポート、セキュリティエンジニア、テストエンジニア
対応エリア関東・東海・関西・九州
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い月末締め・翌月15日払い

 

テクフリのおすすめ案件例

サブスクリプションビジネス効率化プラットフォーム開発

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜70万円/月
稼働日数週3日〜
ポジションSE、プログラマー
業務内容サブスクリプションビジネス効率化プラットフォームにおける決済基盤および契約管理の実装
言語TypeScript、Scala
必要スキルScalaを用いた開発経験
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.levtech.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

製造業向けプラットフォーム新規開発

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜85万円/月
稼働日数週5日
ポジションSE
業務内容システム開発
システムの保守
品質、生産性改善
言語Java、Python、TypeScript、Scala
必要スキルサーバサイド言語を用いた開発経験5年以上
Javaを用いた開発経験
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.levtech.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

Scala案件で求められるスキルは?

プログラミングスキル

Scalaはオブジェクト型、関数型の2つに対応しているプログラミング言語です。

どちらの作業でもScalaを使ってプログラムを組むという流れになるので、プログラミングスキルを身に付けていなければ仕事ができません。

プログラミングはエンジニアとして働くための基本スキルの一つです。

セミナーの受講はもちろん、書籍やインターネット動画でも独学で身に付けることができるので事前に習得しておかなくてはいけません。

Javaの知識・経験

Java関連の知識を身に付けることもScala案件を受注する前に必要な作業の一つです。

ScalaとJVMと呼ばれるJava仮想マシンで動作させることができます。

JVMでのScalaの使用にはOSによる影響を受け難い、Javaのライブラリを自由に利用できるのがメリットです。

JVM内での作業が求められる案件も多いのでJavaに関する勉強、経験を積んでおくとスムーズに作業ができるようになります。

フレームワークの扱い

フレームワークとは、プログラミング言語のScalaを使ったシステム開発をスムーズに行うための枠組みのことです。

フレームワークを有効活用することでプログラミングの記述コードの入力を最小限に抑えられます。

作業効率を向上させて数多くの案件を受注するためにも、フレームワークスキルも身に着けておかなくてはいけません。

未経験者がScala案件を受注するには?

サーバーサイドの経験を積む

ScalaはJavaの後継とも称される言語です。

大手ニュースサイトやソーシャルアプリケーションにも、Scalaの技術は採用されています。

未経験の方がScalaエンジニアとして就業する際には、サーバーサイド側の構築経験を積んでおいた方が良いでしょう。

自分でインターネットサーバーを立てたり、レンタルサーバーを使ったりしながら、Scalaを用いたシステム構築を行うのです。

比較的新しい部類に入る言語となるため、知識があれば未経験であっても採用されることは有り得ます。

どのような開発現場にアサインされても良いように、汎用的なスキルを備えておくことを心掛けましょう。

ポートフォリオを作る

未経験者がScala案件を受注する際には、自身のスキルを証明するためにポートフォリオを構築しておくことも大切です。

魅力的なScalaのプログラムを作成し公開することで、他のエンジニアと差別化することが出来ます。

未経験者の場合、最低限の技術力を示すこと、見やすいコードを作成することを意識することが大切です。

また、Javaを始めとする他言語における開発経験や、保有する知見について分かりやすくまとめておいた方が良いでしょう。

上流工程に携わったり、チームリーダーの経験を保有していたりすると、Scalaでの開発経験がなくても採用される確率は高まります。

Scala案件の単価相場は?

大手フリーランスエージェントのレバテックフリーランスを見てみると、2022年7月現在、Scala案件は約330件とメジャーな言語から見れば少なめです。

同時期におけるJavaの件数は約8,400件、Pythonは約2,500件と多く、国内での普及率の低さが伺えます。

しかし、Scalaの単価相場は85万円前後と高単価で、(Scalaを用いた)実務経験は求められる案件の場合は100万円になる場合もあります。

Javaが50万円~60万円台、Pythonが65万円~70万円であることを考えると、他の言語に比べても高めの価格設定になっていることがわかります。

最高単価が160万円を超える場合もあるので、経験が豊富な方やスキルに自身のある方は積極的に応募してみましょう。

Scala案件の単価をアップさせる方法は?

求められている以上の成果を出す

単価を上げたいときは、クライアントとの信頼関係構築が求められます。

信頼とは実績の積み重ねなので、このエンジニアに仕事を任せれば求める成果を上げてくれるに違いないという期待感をもってもらえるか、そして実際に成果が出せるかが重要です。

そのために求められるのが、クライアントの要望を的確に理解しスピード感をもって業務に当たること。

また、問題が生じればすぐに連絡するといった機敏な対応力やコミュニケーション力です。

簡単なことに受け止められがちですが、なかなか難しいことです。

どんな仕事にもいえることですが、初めての人と一緒に仕事をするときは慎重になるので単価を抑えがちです。

だからといって求められていることだけを無難にこなしていたのでは、クライアントとの信頼関係の構築や単価アップは難しいでしょう。

スキルアップする

単価を上げたいときはスキルアップも大切です。

エンジニアの仕事はキャリアによって単価が異なるので、目的意識をもって上流の仕事を目指して取り組みましょう。

そのためにはセミナーや講習会に参加したり、自分の能力に合った書籍を購入して独学で学んだりすることでスキルアップし活躍の場を広げます。

開発言語もScalaのようなトレンド言語だけでなく、手広く習得していれば契約更新時の交渉材料になりますし、資格取得やスキルアップがわかる資料があれば単価交渉に役立ちます。

Scalaの高単価案件を探す方法は?

フリーランスエージェントを使う

エンジニア向けのフリーランスエージェントを使う方法です。

案件に応募するだけなので営業をかける必要がなく、また安定して仕事を受け続けることが出来るため、案件を探す方法として最もポピュラーな方法です。

ただし、エージェントによって案件数・求人内容などが大きく異なるので、複数のフリーランスエージェントに登録しつつ状況に応じて使い分けていくと良いでしょう。

なお、フリーランスエージェントは報酬の約10%〜20%の手数料がかかるため、実際に貰える報酬は少なくなる点に注意です。

自分で営業する

企業に直接営業をかける方法です。

常に案件を抱えている企業に自分から売り込みをかけたり、営業サイトを開設して集客するなどの方法があります。

特に、広告代理店やWeb制作会社、SEO会社などの広告業界はエンジニア案件を抱えている場合が多く、営業をかけやすい傾向にあります。

しかし、売り込みにはある程度の営業スキルが求められる上に、エンジニアとしての実務経験も豊富でなければなりません。

敷居の高い方法ではありますが、その分フリーランスエージェントよりも高い報酬が期待できます。

SNSを活用する

自身のブログやサイトを持っており、かつ公開できるポートフォリオがある場合、SNSで情報を拡散するというのも一つの手です。

特に、SNSは大勢の注目を集めやすく、見込客の目にも入りやすいので、自分で営業をする方法と合わせると良いでしょう。

また、「#」によるタグ付けや、「エンジニア」「Scala」などの重要キーワードを含むといった方法を駆使すると、より集客しやすくなります。

Scalaの将来性は?

Javaの後継として注目

ScalaはJavaと高い互換性があるプログラミング言語です。

Scala自体は2004年にリリースされたばかりではあるものの、互換性の高いJavaは、スマートフォンアプリや業務システムなど、さまざまな開発現場で使われています。

また、ScalaはJavaと比較してコード行数を約5分の1に短くでき、実装工程における生産性は10倍を誇るとも言われています。

しかも、バグチェック機能も豊富に用意されているため、バグフィックスに手間を取られにくい、という特徴もあります。

つまり、これまでJavaが使われていた場面でScalaが後継として使われる見込みが高いことからも、Scalaは将来性の高い言語と言えます。

大規模サービスでも採用

Scalaはさまざまな分野の大規模サービスで利用されています。

その観点からも、将来性を期待できます。

誰もが一度は目にしたことがあるSNS「Twitter」や動画配信サービスの「ニコニコ動画」、バーコード決済サービスの「PayPay」などにScalaは利用されています。

高収入を狙える

開発言語別の収入ランキングに目を向けても、Scalaの将来性の高さがわかります。

単価相場が他の言語より高い水準に設定されていることが多く、プログラミング言語の中でも高収入を狙いやすい、エンジニアにとって魅力的な言語となっています。

積極的に動くことがフリーランスデビューへの近道

Scalaでフリーランス案件を探す方法を紹介しましたが、一貫して言えることは「自分から積極的に働きかける」ことです。

いまだにScalaを使いこなせる人材は少なく、そのスキルを売り込むには十分な環境が整っています。

これまで培ってきた経験・ノウハウを存分にアピールし、自分のスキルを積極的に売り込み、フリーランスとしての第一歩を踏み出しましょう。

>>Scalaのフリーランスエージェントおすすめ15社を比較!求人数・口コミからランキング

シープロ編集部

シープロ編集部です。
「これからフリーランスとして独立したい人」「既にフリーランスとして活躍している人」向けに役立つ情報を紹介していきます。

Seeks Project(シープロ)
タイトルとURLをコピーしました