PHPでフリーランスを目指すには?求められるスキル・単価相場は?

エンジニア
エンジニア

フリーランスエンジニアの中には、新たなプログラミング言語を習得して、仕事の幅を広げたいと考える方もいるかもしれません。

そのような方が注目する言語の一つがPHPです。

今回の記事では、PHPでフリーランスを目指す方法や求められるスキル・単価相場なども紹介していきます。

PHPとは?

PHPとは?

PHPは、WEB系の開発に必須ともいえるプログラミング言語です。

WEBサイトやECサイト、ホームページの作成などにPHPを利用できます。

PHPは習得が比較的容易で、コーディングしやすいにも関わらず、複雑な処理が可能なスクリプト言語です。

そのため、プログラミングの経験がある方はもちろんのこと、初心者でも扱いやすいといえるでしょう。

PHPを利用すると、データベースとの連携がとりやすくなります。

MySQLやPostgreSQLなどにも対応していて、複雑なWEBサービスの構築にも威力を発揮します。

HTMLやJavaScriptとの違いは?

PHPと同様にWEB作成に利用されるプログラミング言語の一つが、HTMLです。

HTMLは、シンプルなWEBページを作成するのに適した言語で、常に同じ内容が表示される静的なページ作成に向いています。

一方、SNSなど、表示するたびに最新の情報を掲載できる動的ページには、PHPのほかJavaScriptが利用されます。

PHPとJavaScriptは、プログラムが動く場所が異なります。

JavaScriptはクライアントのブラウザで動きますが、PHPはサーバーで動作します。

そのため、用途により使い分けがされています。

JavaScriptは、スライドショーの作成や、カーソルを合わせたところを拡大するなど、クライアントの要求により動作が求められる部分に使われます。

一方、PHPはサーバー上にあるデータベースにアクセスし、最新の製品情報や価格などを表示させるのに用いられます。

PHPのメリットは?

PHPを習得するメリットは、需要の多さにあります。

あるITエンジニア向け転職エージェントの発表によると、2019年のプログラミング言語別求人数でPHPが2位にランクインしました。

2017年の同様の調査でも、PHPは上位に入っており、安定した需要が見込めると理解できます。

PHPはプログラミング言語として歴史があることから、ネットなどに学習のアドバイスが多く載せられており、習得しやすいのも利点です。

PHPのデメリットは?

一方、PHPのデメリットの一つは、WEB開発以外では利用されない点です。

携わる分野や方向性が限定されるので、自分の適性ややりたいこととバッティングする場合は、他の言語を学習した方がよいかもしれません。

なお、PHPは習得しやすい言語とはいえ、自由度が高いため、他の人がわかりやすいよう記述するなど、センスが求められます。

>>【PHP】フリーランスエージェントおすすめ15社を比較!案件数・口コミからランキング

フリーランスエンジニアとは?

フリーランスエンジニアとは、特定の企業に雇用されないエンジニアのこと。

案件ごとに業託契約を交わし、成果物を納品、もしくは契約に決められた業務を遂行して報酬をもらいます。

募集している職種も幅広く、プログラマーやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーなど様々です。

働き方

フリーランスエンジニアの働き方は大きく分けて以下の2つです。

  • リモート型
  • 客先常駐型

リモート型とは、取引先に出社せず自宅や外出先で業務をする働き方。

フリーランスエンジニアで、最もオーソドックスなワークスタイルです。

主にWeb系やゲーム開発などの案件で多く見られ、成果物さえ納品すれば他に制約がないのがポイントです。

客先常駐型は、取引先に出向いて仕事をする働き方。

会社員と同じくオフィスへの出社義務、服装規定などがある案件が多いです。

年収

大手フリーランスエージェントのレバテックフリーランスによると、フリーランスエンジニアの平均年収は600万円~920万円。

エンジニア全体の平均年収が568万円であることを踏まえると、少し高い傾向にあります。

ただし、案件によって単価に差があるのも、フリーランスエンジニアの大きな特徴。

例えば大手フリーランスサイトのエンジニアスタイル東京によると、同じJavaの案件でも平均単価は66万円ですが、幅は10万~200万円と差があります。

平均年収は高いですが、実力によっては会社員以上に収入に差が出ます。

年齢比率

クラウドソーシングサービス「Lancers」の調査によると、フリーランスの年代は以下のようになっています。

引用:Laccers|フリーランス実態調査2021

意外に思われるかもしれませんが、50代以上の割合が大きく、働き方によっては全体の60%以上を占めています。

高い年代のフリーランスエンジニアは、会社員時代に築いたスキルと人脈を武器に独立している傾向にあります。

正社員だと役職定年やリストラなど、年齢が上がるにつれて不利な扱いを受けることが増えます。

しかし、フリーランスエンジニアでは過去の実務経験やスキルで活躍しやすくなるでしょう。

PHPでフリーランスを目指す4ステップ!

1. 独学でプログラミングの基礎を勉強

まずは独学でプログラミングの初歩を勉強しましょう。

後のプログラミングスクールでスムーズにスキルアップするためです。

具体的な方法は次の2つ。

  • 入門書を読む
  • フリーのプログラミングサイトで勉強

今ではプログラミングどころか、PC操作すら疎い人でもプログラミングを学べる書籍が充実しています。

ネットでも、初級プログラミングを無料で学べるサイトがたくさんあります。

この辺りから自分で「プログラミングとはどんなものなのか」を体験してください。

なお、勉強する際には必ず手を動かすようにしましょう。

本を読んだりサイトを眺めたりするだけでは分かった気になるだけで、エラーの対処法やプログラムを動かす楽しさを理解できません。

簡単なプログラミングでエンジニアの仕事を疑似体験することが大切です。

2. プログラミングスクールに通う

独学でプログラミングの感覚を掴めたら、プログラミングスクールで本格的に勉強しましょう。

プログラミングスクールで学ぶメリットは以下の通り。

スクールのメリット

現役のエンジニアが講師
いつでも気軽に質問できる
実践に近いカリキュラムで学べる
就職サポートがあるスクールが多い
大学や専門学校より学費が安い
オンライン講義やオンデマンド教材など時間に融通が利く

近年は、就職を見据えてハイレベルな実習を受けられるスクールも増えています。

卒業制作では商品レベルの成果物を開発することも珍しくないため、短期間でスキルアップが可能です。

公式サイト
>>利用満足度No.1の「tech boost」の公式サイト!月額6,500円〜で選べるコース。エンジニアに特化した人材会社が転職をサポート!

3. 就職して実務経験を積む

プログラミングスクールでスキルを身に付けたら、いきなり独立するのではなく、一度就職して実務経験を積みましょう。

未経験からエンジニアとして転職するルートは主に3つ。

  • 未経験OKの求人に応募
  • 転職エージェントを活用
  • プログラミングスクールの就職サポート

会社員で2~3年ほど実務経験を積めば仕事の要領が分かります。

公式サイト
>>IT転職の案件数が業界最大規模!「レバテックキャリア」に無料登録する!

4. フリーランス案件にチャレンジ

会社員としてエンジニアの実務経験を積んだら、それを実績にして案件を受注しましょう。

案件を探す方法は主に次の5つ。

案件の探し方

知人・友人に紹介してもらう
前職の会社と取引
クラウドソーシングを使う
フリーランスエージェントを活用
企業に直営業

上記で特におすすめの案件獲得法はフリーランスエージェントの活用。

フリーランスエージェントとは、案件を発注したい企業とエンジニアをマッチングしてくれるサービスのことです。

営業・事務代行や単価交渉、キャリアカウンセリングもしてくれるため、駆け出しフリーランスには心強い味方といえるでしょう。

PHPのフリーランスエージェントBest3

フリーランス
エージェント
テクフリ

テックビズフリーランス

レバテックフリーランス

おすすめ度4.74.54.3
ポイント平均単価81.2万円
・参画まで最短2日
・エンド直契約が98%以上
案件継続率97%以上
・案件数3万件以上
・業務時間後や土日も対応
登録者数No.1
・利用者の平均年収862万円
・契約更新率90%以上
案件数約1万件3万件以上約38,000件
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
公式サイト 登録する 登録する 登録する

1. テクフリ

おすすめ度4.7
案件数約1万件
PHP案件数約1,000件
ここがおすすめ!

平均単価81.2万円

・参画まで最短2日

・エンド直契約が98%以上

テクフリはベンチャー企業から大手企業まで幅広い案件を持つフリーランスエージェントです。

中間マージン10%の高単価案件も多く、利用者の3人に1人が120%の収入アップを実現しています。

質の高いサポートも評判で、契約更新率は90%以上。

専任のコンサルタントが面談の対策からキャリアプランの相談まで担当してくれるので、独立まもないエンジニアでも安心して利用できるでしょう。

また、テクフリではフリーランスのエンジニアが安心・安全に働いていくための「ITフリーランスコンソーシアム」を提供しています。

フリーランスエンジニアに向けて、業務上の支援だけでなく生活面での支援を大手企業と提携し提供しているサービスです。

ケガや病気などで働けなくなった時に備えておけるのは安心ですね。

公式サイト
>>『テクフリ』無料登録はこちら

テクフリの口コミ

【迅速な対応】
複数のエージェントを利用しましたが、対応のスピードが一番早かったです。
営業担当の方が迅速に対応してくれたおかげで、希望している時期よりも早く参画することができました!

>>公式サイトより一部抜粋

【フリーランスに転身】
正社員からのフリーランス転身で、最初は不安でしたが、テクフリでいざ働いてみると、残業がほぼ0で、かつもらえるお金も格段に増えました!
平日でも家でゆっくりと家族と過ごすことができるようになり、趣味にも時間とお金をかけられるようになりました!

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種サーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、インフラエンジニア、プロジェクトマネージャー、アプリケーションエンジニア、プロジェクトマネジメントオフィス、Webディレクター、UI/UXデザイナー、その他クリエイター、ゲームプランナー、クライアントエンジニア、iOSエンジニア、データサイエンティスト、ITコンサルタント、組み込み、制御エンジニア、Androidエンジニア、Webデザイナー、ネットワークエンジニア、CGデザイナー、テストエンジニア、営業アシスタント、イラストレーター、グラフィックデザイナー、モーションデザイナー、Webマーケター、ゲームディレクター、シナリオライター、エフェクトデザイナー、編集、ライター
対応エリア東北・関東・中部・関西・中国・九州・沖縄
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い

 

テクフリのおすすめ案件例

Webサービスの保守追加開発

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜66万円/月
稼働日数週5日
ポジションサーバーサイドエンジニア
業務内容SNSを含むWebサービスの保守追加開発
(近々フルリニューアルの可能性もあり)
地図情報と連動したjsのフロント開発など
言語PHP
必要スキル保守、追加開発の経験
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.techcareer.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

建設現場マッチングアプリのサーバーサイド開発

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜94万円/月
稼働日数週5日
ポジションサーバーサイドエンジニア
業務内容マッチングアプリの新機能開発
プラットフォーム上の新サービスに関する開発プロジェクト
言語PHP
必要スキルPHPでのWebアプリケーションの開発、運用経験3年以上
MySQLなどのデータベース、SQLの基礎知識
AWS/GCPの知見、経験
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.techcareer.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

2. テックビズフリーランス

おすすめ度4.5
案件数3万件以上
PHP案件数
ここがおすすめ!

案件継続率97%以上

・案件数3万件以上

・業務時間後や土日も対応

テックビズフリーランスは、独立から案件獲得、参画後まで専属コンサルタントがトータルでサポートしてくれるフリーランスエージェントです。

案件の登録数は30,000件以上、リモート案件も多数保有し様々な働き方に対応しています。

テックビズフリーランスの強みは、初めてフリーランスを目指す経験の浅い方からミドル層のエンジニアまでしっかり寄り添ってくれることです。

案件継続率が97%を超えていることからも、手厚いサポートがうかがえるでしょう。

土日や時間帯を問わず相談できるのも特徴と言えます。

ライフスタイルに合わせた案件を探している方におすすめのフリーランスエージェントです。

公式サイト
>>『テックビズフリーランス』無料登録はこちら

テックビズフリーランスの口コミ

サポートが手厚い
開業届から記帳代行、確定申告まで無料でフルサポートいただけるのは非常にありがたいです。
記帳代行は領収書PDFを送付すればOKという手軽さです。

>>公式サイトより一部抜粋

経験が浅くても大丈夫
エンジニア経験が約2年と、経験が浅いので仕事が決まるか不安でしたが、親身になって多くの案件を提案いただけました。

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種エンジニア全般
対応エリア
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い月末締め・翌月20日払い
(即日払いも可)

 

3. レバテックフリーランス

おすすめ度4.3
案件数約38,000件
PHP案件数約5,000件
ここがおすすめ!

登録者数No.1

・利用者の平均年収862万円

・契約更新率90%以上

レバテックフリーランスは、フリーランスに特化した15年以上の実績があるフリーランスエージェントです。

フリーランスエージェントの中では登録者数が多く、業界認知度も高く人気があります。

利用者の平均年収は862万円と高単価の案件も豊富で、フリーランスの案件を探す時には登録しておきたいサイトです。

レバテックフリーランスでは利用者に寄り添った案件探しをサポートしています。

常勤の案件からリモートワーク、副業や複業など幅広い案件があり、案件の多さは「在宅で働きたい」「得意分野を活かしたい」など希望の条件に合った案件の見つかりやすさに繋がりますね。

また、安心して仕事を続けることができるように福利厚生のサービスが充実しているのも、レバテックフリーランスを利用する大きなメリットです。

公式サイト
>>『レバテックフリーランス』無料登録はこちら

レバテックフリーランスの口コミ

スピード感が良い
最もレスポンスが速かったのがレバテックフリーランスでした。
初回のカウンセリングでいくつか案件をいただいた中で、最初に商談が組まれた通信キャリア会社の案件ですぐに決定したんです。
このスピード感だったので、他のエージェントさんをちゃんと利用する前に終わりましたね。

>>公式サイトより一部抜粋

希望を汲んでくれる
スキルアップのために、これまであまり深く経験する機会のなかったインフラ領域へ挑戦できる案件を希望していました。
その他にも、いくつか希望をお伝えしたのですが、インフラ系の案件を5件ほど、PMOの案件も1、2件ご提案してもらいまして、かなり希望を汲んでもらえた印象です。
こちらの希望だけでなく「今のスキルからすると、こういう経験を伸ばすのはどうですか?」という提案もしてもらえたのもよかったですね。

>>公式サイトより一部抜粋

案件を探しやすい
レバテックのサイトを覗いてみると、条件やプロジェクトの雰囲気など、それぞれの案件について多くの情報が公開されていて、自分が案件に参画している様子を想像しやすくて安心しました。
イメージよりもずっと、案件を探しやすい感じでしたね。

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種アプリケーションエンジニア、フロントエンドエンジニア、サーバーサイドエンジニア、プロジェクトマネージャー、サーバーエンジニア・プロジェクトリーダー、インフラエンジニア、PMO、組込、制御エンジニア、ITコンサルタント、汎用系エンジニア、データサイエンティスト、データベースエンジニア、社内SE、ネットワークエンジニア、テクニカルサポート、セキュリティエンジニア、テストエンジニア
対応エリア関東・東海・関西・九州
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い月末締め・翌月15日払い

 

レバテックフリーランスのおすすめ案件例

M&A企業管理Webシステムサーバーサイド開発

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜65万円/月
稼働日数週5日
ポジションSE、プログラマー
業務内容M&A企業管理Webシステムにおけるサーバーサイド開発
言語PHP
必要スキルPHPを用いた開発経験4年以上
Laravelを用いた開発経験4年以上
DDDを用いた開発経験
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.levtech.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

医療系システム開発

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜80万円/月
稼働日数週4日〜
ポジションSE
業務内容医療系システムの開発
DBを含めた設計
言語PHP
必要スキルPHPを用いた開発経験
システム開発の設計経験
DB設計の経験
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.levtech.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

PHP案件で求められるスキルは?

Web制作スキル

Web制作においてPHPを使いこなす技術は必要不可欠です。

また、JavaScript、CSS3、HTML5など、Web制作に関連するプログラミング言語の知識も身に付けておかなくてはなりません。

加えてWordPressを制作する時に使用するjQueryについても学んでおくとよいでしょう。

他にも、PHPフレームワークが使えればプログラミング作業を効率的に行うことができます。

WordPressの扱い

WordPressを使った副業は需要が高く、WordPressを用いたWebサイト制作のPHP案件は非常に多いです。

WordPressを使えば、高度な技術や専門的な知識をそれほど必要とせずにWebサイトの作成や機能追加などのカスタマイズ、ブログを作成することができますが、最低限HTML、CSS、JavaScriptの基礎的な知識は身に付けておきましょう。

また、WordPressを構築するPHPと、データベースであるMySQLについても理解しておくと尚良いです。

フロントエンドの知識

PHPはバックエンドで動くため、フロントエンドを操作してデータを取得することはできません。

しかし、PHP案件に取り組む上でフロントエンド側の知識を身に付けておくことはとても重要です。

PHP案件の中でも特に多いWeb制作を行う際、フロントエンド言語と呼ばれるHTML、CSS、JavaScriptの知識を身に付けておくことでWebサイトの見た目のクオリティーを格段にアップすることができます。

未経験者がPHP案件を受注するには?

プログラミング言語を学ぶ

PHPは独学で学びやすい言語として知られています。

パソコンとブラウザがあれば、自分で開発方法を習得することは難しくありません。

インターネット環境に特化した言語でもあるため、大企業から小規模事業者までの幅広い案件募集が行われています。

未経験者の方であっても、PHP案件であれば受注することは可能です。

PHPと併せて、‎RubyやPythonなどのスクリプト言語やSQLなどのデータベース言語を学んでおけば、採用担当の目に止まる可能性は高まるでしょう。

プレゼンスキルを磨く

PHPの経験のない方が案件獲得を目指す際には、プレゼンスキルを磨いておくことが欠かせません。

打ち合わせの場で使えるような、分かりやすいプレゼンテーションスキルがあれば、未経験であっても採用される確率は高まります。

プレゼンスキルを磨く際には、書面を作成するスキルと、相手に意図を伝えるコミュニケーションスキルの双方を鍛えていった方が良いでしょう。

ポートフォリオを作る

自分のスキルを証明するためにもポートフォリオは重要といえます。

PHPポートフォリオの例としては、お問い合わせフォームやSNS開発など様々です。

サンプルコードをそのまま使うのではなく、オリジナリティを意識して作成する必要があります。

また、PHPの経験がない方であっても、何かしらの言語やフレームワークに携わったことがあるかもしれません。

過去の経験の中から、応募する案件に適した内容をポートフォリオとしてまとめておくことも大切です。

得意な技術と苦手意識を持つ分野を分けて記載しておいた方が良いでしょう。

PHPの案件を探す方法は?

フリーランスエージェントを使う

案件を安定して得るには、フリーランスエージェントを使うのがおすすめです。

近年は、ITエンジニア向けの案件が増えており、それに伴ってフリーランスエージェントが増えています。

フリーランスエージェントは、単価の高いものを扱っている、週2日から3日などパートタイム的な仕事を紹介しているなど、特徴は様々です。

自分のライフスタイルや仕事に対する考え方にマッチしたフリーランスエージェントを利用するとよいでしょう。

自分で営業する

案件を発注する企業に直接営業をかけることでも仕事は得られます。

特にPHPを使った業務は、WEB制作会社や広告代理店など、案件を持っているところが特定しやすいので、少ない工数で案件を獲得できるかもしれません。

自分で営業をすると、フリーランスエージェント利用時に差し引かれる手数料分も収入にできるメリットがあります。

SNSを活用する

WEBサイト制作の発注者は、SNSなどで検索し、仕事の依頼先を決めることもあります。

自分のSNSやブログを立ち上げておくと、集客に結び付く可能性もあります。

ポートフォリオを公開するイメージで作成すると、仕事を依頼したい人の目に留まりやすくなるでしょう。

PHPの単価相場は?

案件数が多いことで知られるレバテックフリーランスの2022年7月時点のPHP案件は、5,200件以上ありました。

PHP案件の単価相場は60万円台とされますが、経験年数や他言語の開発経験の有無などにより金額は大きく異なります。

PHP案件の単価をアップさせる方法は?

求められている以上の成果を出す

PHPはサーバーサイドの言語ですから、PHP案件ではクライアントが提示した仕様通りに動くシステムを開発するのが主な業務です。

細かいミスはつきものですし、追加要件が出てくることもしばしばあるので、最初に納品した後に何度か修正すること自体は問題ありません。

しかし、なるべく修正が少なく済むようにする必要があります。

まず、作業に入る前にクライアントへの詳しいヒアリングを行い、細かい仕様について事前に詰めておくことが欠かせません。

そして、納品前に丁寧なテストを行うことで、修正箇所を少なくすることが可能です。

このような積み重ねにより、クライアントが求める以上の成果を出すことができれば単価アップも期待できるでしょう。

スキルアップする

日頃からPHPのスキルを上げる努力をすることで、どんなプログラムでも早くミスなく書けるようになります。

そうなれば各案件で大きな貢献ができ、多くの案件獲得や単価上昇につながります。

PHPの具体的なスキルアップの方法としては、書籍やWeb上の公式ドキュメントを読み、PHPの文法や記法について理解を深めておくことが挙げられます。

また、勉強会に参加することでPHPを一緒に勉強する仲間を作り、互いに教え合いながらPHPの理解をさらに深めるのも良いでしょう。

以上の方法を実践すれば、単価を2~3倍にアップさせることも可能です。

PHPの将来性は?

将来性はある

PHPは将来性のある言語です。

HTML、SQLなどのデータベースと連携しやすいという特徴を持っているため、現在、WEBアプリやサービスを構築する上で欠かせない言語になっていると言えます。

既存サービスでPHPが導入されている可能性が高いので、新規案件が多いのはもちろんのこと、既存案件の保守や維持、改修のような仕事もよく見られます。

特に、現在非常に多くのWEBサイトで導入されているWordPressはPHPで構成されているため、当面の間はPHPがシェアの上位に入ってくることでしょう。

他の言語が勝る部分もある

ただし、PHPが他の言語に必ず勝るとは限りません。

プログラミング言語は次々に新しいものが生み出されていくものであり、既に、PHPに変わるRubyやGoなどの言語も広まりつつあります。

これらの言語は動作が安定して軽いとされ、より新しいWEB構築の現場で、人気が高まりつつあるのです。

その一方で、PHPには初心者にも学びやすい文法と、導入しやすい動作環境という特徴を兼ね備えています。

しかも、簡単なサービスばかりでなく、検索システムや予約システムなど、非常にハイレベルなサービスを構築することも可能です。

このため、PHPに特化したエンジニアという需要は常にありますし、PHPでプログラミングの基礎を固めていきつつ、他の言語も習得してスキルアップを狙っていくのもおすすめです。

PHPは仕事の幅を広げる可能性を秘めている

PHPは、動的ページが必要なWEBサイト作成に適したプログラミング言語です。

ユーザーの利便性を意識したWEBページ制作が可能になるので、PHPを扱えるフリーランス案件数は数年前と変わらずあるようです。

WEB制作以外の分野では使われないデメリットはありますが、安定した収入を得られる可能性があります。

PHP案件を得るには、フリーランス向けのエージェントや案件サイトを利用するのがおすすめです。

>>【PHP】フリーランスエージェントおすすめ15社を比較!案件数・口コミからランキング

シープロ編集部

シープロ編集部です。
「これからフリーランスとして独立したい人」「既にフリーランスとして活躍している人」向けに役立つ情報を紹介していきます。

Seeks Project(シープロ)
タイトルとURLをコピーしました