データサイエンティストがフリーランスになるには?求められるスキル・単価相場は?

エンジニア
エンジニア

AIやIoTといったIT技術の発展に伴い、近年では高度なシステム・プログラムが構築できる人材が求められています。

それと同時に、データの収集・分析のできる、いわゆるデータサイエンティストの人材需要が増えています。

今回の記事では、データサイエンティストがフリーランスを目指す方法・求められるスキル・将来性などについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

データサイエンティストとは?

データサイエンティストとは

データサイエンティストとは、様々な様式で構築されているシステムから要件に必要なデータを抽出し、提示・改善方法の提案をする職業です。

一般的にはPython、R言語と呼ばれる統計分析に長けたプログラム言語を用いますが、その他の言語もしばしば使用するため、プログラム言語に関する幅広い知識と技術が要求されます。

仕事内容

一般的なデータサイエンティストの仕事内容は、データの抽出、改善方法の立案、改善結果の確認です。

上記の通り幅広い言語に関する知識はもちろんのこと、案件によってはマーケティングに関する知識なども必要になってきます。

また、他者とのコミュニケーションが必要なため、コミュニケーション能力も少なからず必要になってきます。

データアナリストとの違い

データアナリストはデータの収集や分析が基本業務となりますが、上記の仕事内容に記載した通り、データをもとにPDCAを回す役割になります。

ですが、企業によってはこういった線引は曖昧となり、データアナリストなのに業務内容はデータサイエンティスト、といったこともしばしばあります。

また、AI構築を行うAIエンジニアや、システム構築を行うシステムエンジニアがデータサイエンティストの業務を担うこともあります。

フリーランスエンジニアとは?

フリーランスエンジニアとは、特定の企業に雇用されないエンジニアのこと。

案件ごとに業託契約を交わし、成果物を納品、もしくは契約に決められた業務を遂行して報酬をもらいます。

募集している職種も幅広く、プログラマーやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーなど様々です。

働き方

フリーランスエンジニアの働き方は大きく分けて以下の2つです。

  • リモート型
  • 客先常駐型

リモート型とは、取引先に出社せず自宅や外出先で業務をする働き方。

フリーランスエンジニアで、最もオーソドックスなワークスタイルです。

主にWeb系やゲーム開発などの案件で多く見られ、成果物さえ納品すれば他に制約がないのがポイントです。

客先常駐型は、取引先に出向いて仕事をする働き方。

会社員と同じくオフィスへの出社義務、服装規定などがある案件が多いです。

年収

大手フリーランスエージェントのレバテックフリーランスによると、フリーランスエンジニアの平均年収は600万円~920万円。

エンジニア全体の平均年収が568万円であることを踏まえると、少し高い傾向にあります。

ただし、案件によって単価に差があるのも、フリーランスエンジニアの大きな特徴。

例えば大手フリーランスサイトのエンジニアスタイル東京によると、同じJavaの案件でも平均単価は66万円ですが、幅は10万~200万円と差があります。

平均年収は高いですが、実力によっては会社員以上に収入に差が出ます。

年齢比率

クラウドソーシングサービス「Lancers」の調査によると、フリーランスの年代は以下のようになっています。

引用:Laccers|フリーランス実態調査2021

意外に思われるかもしれませんが、50代以上の割合が大きく、働き方によっては全体の60%以上を占めています。

高い年代のフリーランスエンジニアは、会社員時代に築いたスキルと人脈を武器に独立している傾向にあります。

正社員だと役職定年やリストラなど、年齢が上がるにつれて不利な扱いを受けることが増えます。

しかし、フリーランスエンジニアでは過去の実務経験やスキルで活躍しやすくなるでしょう。

データサイエンティストがフリーランスを目指す4ステップ!

1. 独学でプログラミングの基礎を勉強

まずは独学でプログラミングの初歩を勉強しましょう。

後のプログラミングスクールでスムーズにスキルアップするためです。

具体的な方法は次の2つ。

  • 入門書を読む
  • フリーのプログラミングサイトで勉強

今ではプログラミングどころか、PC操作すら疎い人でもプログラミングを学べる書籍が充実しています。

ネットでも、初級プログラミングを無料で学べるサイトがたくさんあります。

この辺りから自分で「プログラミングとはどんなものなのか」を体験してください。

なお、勉強する際には必ず手を動かすようにしましょう。

本を読んだりサイトを眺めたりするだけでは分かった気になるだけで、エラーの対処法やプログラムを動かす楽しさを理解できません。

簡単なプログラミングでエンジニアの仕事を疑似体験することが大切です。

2. プログラミングスクールに通う

独学でプログラミングの感覚を掴めたら、プログラミングスクールで本格的に勉強しましょう。

プログラミングスクールで学ぶメリットは以下の通り。

スクールのメリット

現役のエンジニアが講師
いつでも気軽に質問できる
実践に近いカリキュラムで学べる
就職サポートがあるスクールが多い
大学や専門学校より学費が安い
オンライン講義やオンデマンド教材など時間に融通が利く

近年は、就職を見据えてハイレベルな実習を受けられるスクールも増えています。

卒業制作では商品レベルの成果物を開発することも珍しくないため、短期間でスキルアップが可能です。

公式サイト
>>利用満足度No.1の「tech boost」の公式サイト!月額6,500円〜で選べるコース。エンジニアに特化した人材会社が転職をサポート!

3. 就職して実務経験を積む

プログラミングスクールでスキルを身に付けたら、いきなり独立するのではなく、一度就職して実務経験を積みましょう。

未経験からエンジニアとして転職するルートは主に3つ。

  • 未経験OKの求人に応募
  • 転職エージェントを活用
  • プログラミングスクールの就職サポート

会社員で2~3年ほど実務経験を積めば仕事の要領が分かります。

公式サイト
>>IT転職の案件数が業界最大規模!「レバテックキャリア」に無料登録する!

4. フリーランス案件にチャレンジ

会社員としてエンジニアの実務経験を積んだら、それを実績にして案件を受注しましょう。

案件を探す方法は主に次の5つ。

案件の探し方

知人・友人に紹介してもらう
前職の会社と取引
クラウドソーシングを使う
フリーランスエージェントを活用
企業に直営業

上記で特におすすめの案件獲得法はフリーランスエージェントの活用。

フリーランスエージェントとは、案件を発注したい企業とエンジニアをマッチングしてくれるサービスのことです。

営業・事務代行や単価交渉、キャリアカウンセリングもしてくれるため、駆け出しフリーランスには心強い味方といえるでしょう。

データサイエンティスト向けフリーランスエージェントBest3

フリーランスエージェントテクフリ

テックビズフリーランス

レバテックフリーランス

おすすめ度4.74.54.3
ポイント平均単価81.2万円
・参画まで最短2日
・エンド直契約が98%以上
案件継続率97%以上
・案件数3万件以上
・業務時間後や土日も対応
登録者数No.1
・利用者の平均年収862万円
・契約更新率90%以上
案件数約1万件3万件以上約38,000件
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
公式サイト 登録する 登録する 登録する

1. テクフリ

おすすめ度4.7
案件数約1万件
データサイエンティスト案件数約200件
ここがおすすめ!

平均単価81.2万円

・参画まで最短2日

・エンド直契約が98%以上

転職する際に気になることの1つに収入の変動がありますが、テクフリ利用者は3人に1人が収入アップに成功しています。

一般的なフリーランスエージェントのマージンが25%なのに対して、テクフリではわずか10%。

フリーランスエンジニアに寄り添ったエージェントであることがうかがえます。

ユーザーからも高い評価を得ていて、対応が迅速だったことや企業との単価交渉に対応してくれたという意見もあります。

2名によるフォロー体制も特徴で、企業担当者のほかにキャリアカウンセラーからもアドバイスをもらえることは心強く感じられるかもしれません。

また、他のフリーランスエージェントではあまり見られない退職金や有給休暇の制度も充実しているのが特徴。

健康診断も全額を負担してもらえます。

福利厚生を重視する人にお勧めできるサイトです。

公式サイト
>>『テクフリ』無料登録はこちら

テクフリの口コミ

【迅速な対応】
複数のエージェントを利用しましたが、対応のスピードが一番早かったです。
営業担当の方が迅速に対応してくれたおかげで、希望している時期よりも早く参画することができました!

>>公式サイトより一部抜粋

【フリーランスに転身】
正社員からのフリーランス転身で、最初は不安でしたが、テクフリでいざ働いてみると、残業がほぼ0で、かつもらえるお金も格段に増えました!
平日でも家でゆっくりと家族と過ごすことができるようになり、趣味にも時間とお金をかけられるようになりました!

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種サーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、インフラエンジニア、プロジェクトマネージャー、アプリケーションエンジニア、プロジェクトマネジメントオフィス、Webディレクター、UI/UXデザイナー、その他クリエイター、ゲームプランナー、クライアントエンジニア、iOSエンジニア、データサイエンティスト、ITコンサルタント、組み込み、制御エンジニア、Androidエンジニア、Webデザイナー、ネットワークエンジニア、CGデザイナー、テストエンジニア、営業アシスタント、イラストレーター、グラフィックデザイナー、モーションデザイナー、Webマーケター、ゲームディレクター、シナリオライター、エフェクトデザイナー、編集、ライター
対応エリア東北・関東・中部・関西・中国・九州・沖縄
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い

 

テクフリのおすすめ案件例

総合メーカー企業のデータ活用・マーケティング分析業務

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜110万円/月
稼働日数週3日〜
ポジションデータサイエンティスト
業務内容クライアントのビジネスモデル理解に基づいた要求整理
データ分析による現状の理解、課題の発見、解決策の立案、検証
社内外MTGへの参加・アウトプットのプレゼンテーション
言語Python、SQL
必要スキル統計や機械学習を用いたデータ分析のご経験
SQL,Python等を用いたデータ分析のご経験
企業のマーケティングデータ分析、施策提案のご経験
社内外の関係者/ステークホルダーとの円滑なコミュニケーション能力
各種ドキュメンテーション作成
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.techcareer.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

スマートフォンゲームにおけるコンテンツのデータ分析業務

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜66万円/月
稼働日数週5日
ポジションデータサイエンティスト
業務内容BigQuery/RDS/Tablauを用いて、スマートフォンゲームコンテンツのデータ集計
BIの構築
管理画面でのKPI実装経験
言語BigQuery、MySQL
必要スキルMySQL / BQなどのデータベースのテーブル設計/開発/集計経験
ログ設計/集計経験
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.techcareer.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

2. テックビズフリーランス

おすすめ度4.5
案件数3万件以上
データサイエンティスト案件数
ここがおすすめ!

案件継続率97%以上

・案件数3万件以上

・業務時間後や土日も対応

リモート案件が多く、平均年収も720万円という魅力いっぱいのテックビズフリーランス。

特にミドル層のエンジニアは必見です。

案件継続率が97%を超えていることから、その人その人にマッチした求人を紹介していることがうかがえます。

専属コンサルタントは全員が過去に独立経験を持っているため、フリーランスの心境を理解しやすいのかもしれません。

実際の利用者からも、親身になって多くの案件を提示してもらえたり、コンサルタントのサポートに安心感があったという喜びの声が寄せられています。

また、税理士によるサポートが受けられ、さらに土日でも相談が可能なのは大きなメリットでしょう。

税務に関する知識が不安なために、独立をためらうということにはなりません。

唯一の気になる点は登録しないと求人を閲覧できないことですが、登録することに不安を感じなければ、特にデメリットはないでしょう。

公式サイト
>>『テックビズフリーランス』無料登録はこちら

テックビズフリーランスの口コミ

サポートが手厚い
開業届から記帳代行、確定申告まで無料でフルサポートいただけるのは非常にありがたいです。
記帳代行は領収書PDFを送付すればOKという手軽さです。

>>公式サイトより一部抜粋

経験が浅くても大丈夫
エンジニア経験が約2年と、経験が浅いので仕事が決まるか不安でしたが、親身になって多くの案件を提案いただけました。

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種エンジニア全般
対応エリア
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い月末締め・翌月20日払い
(即日払いも可)

 

3. レバテックフリーランス

おすすめ度4.3
案件数約38,000件
データサイエンティスト案件数約350件
ここがおすすめ!

登録者数No.1

・利用者の平均年収862万円

・契約更新率90%以上

業界最大級の案件数を誇り、対応言語も幅広く40以上。

注目すべき検索条件としては、リモート案件やオンライン商談OK、長期案件や新規立ち上げという項目があるのが特徴。

こだわりの多い人には嬉しい機能だといえるでしょう。

また、実務経験が浅い方OKという検索条件もあるので、キャリア年数などに自信がない人にもお勧めです。

その他の検索条件の特徴としては、作業内容や案件特徴などの詳細条件が細かく分かれていることでしょう。

作業内容にはデータ分析やゲーム開発など37の項目があり、案件特徴には全部で28の項目があります。

自分自身で多くの求人を細かくチェックすることを手間に感じる人は、カウンセリングのプロが本人に代わって探してくれる機能を利用すると良いでしょう。

公式サイト
>>『レバテックフリーランス』無料登録はこちら

レバテックフリーランスの口コミ

スピード感が良い
最もレスポンスが速かったのがレバテックフリーランスでした。
初回のカウンセリングでいくつか案件をいただいた中で、最初に商談が組まれた通信キャリア会社の案件ですぐに決定したんです。
このスピード感だったので、他のエージェントさんをちゃんと利用する前に終わりましたね。

>>公式サイトより一部抜粋

希望を汲んでくれる
スキルアップのために、これまであまり深く経験する機会のなかったインフラ領域へ挑戦できる案件を希望していました。
その他にも、いくつか希望をお伝えしたのですが、インフラ系の案件を5件ほど、PMOの案件も1、2件ご提案してもらいまして、かなり希望を汲んでもらえた印象です。
こちらの希望だけでなく「今のスキルからすると、こういう経験を伸ばすのはどうですか?」という提案もしてもらえたのもよかったですね。

>>公式サイトより一部抜粋

案件を探しやすい
レバテックのサイトを覗いてみると、条件やプロジェクトの雰囲気など、それぞれの案件について多くの情報が公開されていて、自分が案件に参画している様子を想像しやすくて安心しました。
イメージよりもずっと、案件を探しやすい感じでしたね。

>>公式サイトより一部抜粋

募集職種アプリケーションエンジニア、フロントエンドエンジニア、サーバーサイドエンジニア、プロジェクトマネージャー、サーバーエンジニア・プロジェクトリーダー、インフラエンジニア、PMO、組込、制御エンジニア、ITコンサルタント、汎用系エンジニア、データサイエンティスト、データベースエンジニア、社内SE、ネットワークエンジニア、テクニカルサポート、セキュリティエンジニア、テストエンジニア
対応エリア関東・東海・関西・九州
税務サポート
ヘルスケア
コミュニティ
支払い月末締め・翌月15日払い

 

レバテックフリーランスのおすすめ案件例

統計/統合型プロモーション分析ツール開発

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜85万円/月
稼働日数週2日〜
ポジションサーバーサイドエンジニア、データサイエンティスト
業務内容広告効果を推定するための統計手法や、広告予算配分最適化のための数理最適化手法の開発
社内のソフトウェアエンジニアと協力しながら、開発した手法を Proof of Concept (PoC) で使用するプロトタイプへ実装
複数のプロダクトにおいて、データサイエンスを活用した機能についての研究と開発
言語Python
必要スキル線形代数学、解析学、統計学、確率論についての基礎的な理解
統計学や機械学習を用いた研究開発の経験
Julia/Python/R 等を使用したプログラミングの経験
Jupyter Notebook/JupyterLab/RStudio などの使用経験
プロダクト開発への興味関心
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.levtech.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

BtoB自社プロダクト分析

>>公式サイトより画像を抜粋

※タイミングによっては既に終了している可能性もあります。

単価〜40万円/月
稼働日数週2日〜
ポジションデータサイエンティスト
業務内容マーケティングのサポート
自社データ基盤のアルゴリズムの構築
言語Python、Swift、TypeScript
必要スキルデータサイエンティストでの実務経験2年以上
Pythonでの実務経験
リモート
フレックス
公式サイトhttps://freelance.levtech.jp/

>>公式サイトより案件を抜粋

 

データサイエンティストに求められるスキルは?

データサイエンススキル

データサイエンスとはアルゴリズムや統計などを活用してデータを分析し、有益な知見を目指すことです。

したがってデータサイエンティストには、まずデータサイエンススキルが必要になります。

具体的には、

  • どのデータを分析するのかといった分析設計スキル
  • データを集計して可視化するスキル
  • データに隠されたパターンや意味をあぶり出す評価、調整スキル

などです。

データエンジニアリングスキル

データエンジニアリングスキルとは、データサイエンスを使える形にして運用できるようにする力です。

具体的なスキルとしては、プログラミングスキルやデータを分析する上で最適なアルゴリズムを考えて実装するスキル、ビックデータを処理するスキルなどがあげられます。

ビジネススキル

データサイエンティストにも、顧客企業が抱えるビジネス課題を整理したり解決に導いたりするビジネススキルも必要になります。

データサイエンティストに必要なビジネススキルには主に3つあり、1つ目はマネジメント能力です。

具体的にはチームのリーダーとして進捗管理やリソース管理、予算管理をおこなう能力です。

2つ目はコミュニケーション能力で、データ分析に関して課題や要求事項などのヒアリングが多いため必要になります。

そして、3つ目はプレゼンテーション能力です。

データサイエンティストもビジネス課題の提案や定例的な報告会などが多く頻繁にプレゼンをおこなう機会があるからです。

未経験がデータサイエンティストの案件を受注するには?

関連職種に転職する

未経験からデータサイエンティストの案件獲得を目指すことは可能ですが、IT分野の知識やスキルが全くない場合は非常に困難です。

まずはIT分野の職種に転職し、基本的なスキルを身に付けましょう。

そしてある程度の実務経験を積んでから、フリーランスとしてデータサイエンティストの案件獲得を目指すのが妥当と言えます。

また、データの収集や分析、ビジネス戦略などを立案・実行するデータサイエンティストにとっては、数学や統計学の知識も必要不可欠です。

そのため、マーケティングや金融業といった職種への転職も、後の案件獲得の際には有利に働くでしょう。

AI分野のプログラミング言語を習得する

データサイエンティストの案件には、AI開発に必要な学習データの収集や分析に関するものも多数あります。

未経験でそういったAI分野の案件を獲得するためには、AI開発に特化した知識を身に付けることも必要です。

特に重要なのは、AI開発に適したプログラミング言語を習得することでしょう。

プログラミング言語には多くの種類がありますが、それら全てがAI分野で使われているわけではありません。

近年AI分野で最も活用されているプログラミング言語にはPythonやC++、Julia、R言語、JavaScriptなどがよく使われています。

これらのプログラミング言語を習得すれば、案件を獲得しやすくなるでしょう。

データサイエンティストの単価相場は?

データサイエンティストの単価は、案件に必要な主要言語によって変わってきます。

例えば、一般的なC言語で作成されたプログラミングからデータを抽出・改善内容を適時する場合は約110万円/月、Scalaの場合は106万円/月となります。

主要言語の案件平均単価相場/月額は下記になります。

  • GitHub:145万円
  • Firebase:120万円
  • Hive:120万円
  • C言語:110万円
  • Scala:106万円
  • SAS:104万円
  • Falsk:102万円
  • Java:101万円

これらの言語に伴い、Python、R言語といった統計分析に必要なプログラミング言語、内容を提示するエクセルといったツールに関するスキル、コミュニケーション能力が求められます。

また、データサイエンティストの業務が主流な米国・欧米と違い、日本では案件がまだまだ少ないため、フリーランスとして活動するには厳しいののが現状です。

データサイエンティストが単価をアップさせる方法は?

スキルを磨く

データサイエンティストとして単価を挙げる方法としては、高いスキルを身につけることが挙げられます。

特に資格取得を目指すと勉強になるのと同時に、能力を示す材料にもなります。

関連する資格はOSS-DB技術者認定試験やオラクルマスターなどが一例です。

持っている資格や経験は、しっかりアピールすることで優秀な人材として単価を上げるために役立ちます。

コンサルティング能力をつける

コンサルティング能力も重要なスキルです。

なぜなら、データサイエンティストはデータを用いてクライアントの問題を解決することも目的とした仕事だからです。

そのためにも、クライアントから情報を引き出すヒアリング力、問題解決のための思考力といったコンサルティング能力が必要になります。

クライアントの悩みを解決できれば評価も高まり、単価の上昇にもつながるでしょう。

英語力をつける

外資系企業では公用語が英語となっているケースも少なくありません。

このような企業から案件を獲得するためにも英語力を身につけるのも一つの方法です。

データサイエンティストとしての能力と英語力の2つを身につけることで、希少な人材として重宝されるようになるでしょう。

英語力があると海外案件の獲得も可能になり、仕事の幅を広げるためにも役立ちます。

データサイエンティストが高単価案件を探す方法は?

知人や顧客からの紹介

知人や顧客からの紹介でデータサイエンティストとしての案件を取るのも一つの手ですが、紹介を得るためのコミュニケーションスキルが必須です。

ですが、案件を取るのに最も簡単な方法となり、また、ある程度の融通もききます。

営業活動

営業活動でデータサイエンティストの案件を得るのも、フリーランスでは大切な収入源になります。

ですが、日本国内では需要が低いため案件の獲得率が低いのが現状ですが、データサイエンティストの案件単価が高いため、地道に信頼を得て仕事に繋げるのがいいでしょう。

なお、データサイエンティストの主流は米国ですので、英語ができる場合は米国圏での営業活動が良いでしょう。

SNSを活用する

自分のサイトやSNSで情報発信してみるのもよいでしょう。

フリーランスの営業として、YentaやWorkshipなどのビジネスマッチングアプリを活用してみるのも大変有効です。

自分に興味をもってくれるクライアントが効率よく探せます。

また、エンジニアに限らず、デザイナーや営業マンなども登録しているため、情報収集にも役立ちますよ。

フリーランスエージェントを使う

フリーランスが仕事を獲得する方法で、比較的多いのがフリーランスエージェントを利用することです。

正社員向けではなく、フリーランス専門のエージェントを活用するとスムーズに探せます。

データサイエンティストの将来性は?

AI人材として期待されている

データサイエンティストは、AI時代の環境に合うと期待されています。

AI関連のイノベーションが急速に発展を遂げており、業界や業種を問わずAIの普及が進んでいます。

AIもまたハイスペックパソコン同様、高いポテンシャルを持っていますが、そのメリットを最大限引き出すためにはAIに精通したエキスパートが必須です。

ビックデータを集めるスキル、情報を高度に分析したり高精度に解析、そして分かりやすく提案する能力など、このような技術と経験を持ち合わせたデータサイエンティストは、将来的に幅広い分野で活躍する見込みです。

人工知能に置き換えられる?

人工知能の進化は驚異的ではありますが、現場スタッフやクライアントとコミュニケーションを交わして、柔軟に問題点や課題を見つけて解決する等、ヒトだからこそ出来る作業は健在です。

人工知能によって一部の作業は置き換わる可能性がありますが、まだまだエキスパートの人材としての価値は高いです。

IT関係の分野は勿論の事、物流やゲーム業界、スマートフォンアプリやプラットフォーム関連の業界でも、フリーランスの活躍が望まれています。

また、優秀なスキルや豊富な実務経験を持つデータサイエンティストは、企業間で熾烈な争奪戦が起きる可能性さえあります。

ビックデータ解析やAI技術、そしてIot技術などは国内でも数少ない成長産業です。

自動運転やドローン技術やVR開発など、まだまだイノベーションのポテンシャルが潜むカテゴリは多く、有能なデータサイエンティストが良い待遇で歓迎される分野は少なくありません。

まとめ

データサイエンティストとして案件を探す場合、米国圏で探すのが一番となります。

ですが、日本国内でデータサイエンティストとしての活動をしたい場合、まずはフリーランスのデータサイエンティストとして活動するには、まだまだ案件が少ないのが現状です。

まずはフリーランスエージェントに登録し、案件に応募して感触を掴んでみるのもいい経験になるでしょう。

>>データサイエンティストのフリーランスエージェントおすすめ15選を比較ランキング | 求人・仕事探し向け

シープロ編集部

シープロ編集部です。
「これからフリーランスとして独立したい人」「既にフリーランスとして活躍している人」向けに役立つ情報を紹介していきます。

Seeks Project(シープロ)
タイトルとURLをコピーしました