エンジニアスタイル東京は未経験のエンジニアでも利用できる?案件はあるのか?

エージェント
エージェント

エンジニアスタイル東京は東京のフリーランスエンジニアの案件を取り扱っています。

さまざまなスキル・経歴を持った人が登録していますが、果たして自分は登録できるのかと気になる人は多いでしょう。

ここでは未経験者への対応、上手に仕事を探す方法、サービス利用における注意点などについて説明しています。

東京に特化したフリーランスエージェントを探している方はぜひ活用してみましょう。

エンジニアスタイル東京 | 未経験者エンジニアでも利用可能!

おすすめ度3.5
案件数15万件以上
コミュニティ

誰しも未経験がスタートライン

現在においてベテランエンジニアと言われている人でも、最初はまったくの未経験でした。

誰しもそうした状態からスタートし、仕事を見つけて経験を積みながらベテランへと成長していくわけです。

フリーランスエージェントの多くは未経験者にも対応していますが、これは未経験者にチャンスを提供するためです。

エンジニアスタイル東京においてもエンジニア未経験でも無料会員登録ができます。

未経験者でも仕事を得るチャンスがある

エンジニアスタイル東京の公式ホームページの検索窓で未経験と入力・検索すると、該当する案件が表示されます。

確かに経験者と比べると案件探しで不利にはなりますが、未経験から仕事を得ている人は少なくありません。

大切なのは自身のやる気と熱意、得意分野をしっかりと伝えることです。

契約をするかどうかは最終的にクライアントの裁量で決められます。

クライアントに気に入ってもらえれば、未経験者でも仕事を獲得できるチャンスはあるのです。

売り手市場にあるITエンジニア業界

ITエンジニア業界で働くなら今がチャンスです。

世界的なIT化により、日本でもエンジニアの価値が見直されつつあります。

全般的に人材不足の状態にあるので、高額報酬を出してでも人材がほしいというクライアントが多いです。

こうした背景もあって、未経験者が応募できる案件が増えつつあります。

 

エンジニアスタイル東京 | 未経験OKの案件はあるのか?

未経験でも応募できる案件はある

エンジニアスタイル東京では未経験者に対応した案件を募集しています。

未経験OKの仕事は少数派ですが、皆無ではないわけです。

例えば、写真・動画撮影が得意、データベースの管理ができる、オフィス系ソフトを使える、などの条件を満たしていればOKという案件もあります。

すべてのプロジェクトに高度なスキルを要求されるわけではありません。

中にはパソコンの基本操作ができればOKという案件もあるのです。

エンジニアスタイル京リ | 未経験者が上手く利用するには?

自分と他者を差別化する

エンジニアというライバルは無数に存在するため、他者との違いを明確にして自分の強みを打ち出しましょう。

例えば、コミュニケーション能力に自信がある、プログラミング言語に関する見識が深い、趣味の制作物がある、といった人はそれをアピールします。

アピールをしなければ、自分の強みや個性が相手に伝わりません。

アピール力を磨いていくことは、未経験者が仕事を獲得するための王道です。

自分の市場価値を把握する

エンジニアスタイル東京にはエージェントのカウンセリングを受けられるサポートがあります。

書類添削や面接対策も行っているので、自身の苦手分野を知る意味でも役立つでしょう。

エージェントは案件の提案もしているため、ここで自身の市場価値が大まかにわかります。

最初は誰しも市場価値が低い状態からスタートしますから、悲観的にならずに前向きなスキルアップを目指しましょう。

エンジニアスタイル東京 | 未経験者が利用する際に注意すべき点は?

経験を見られる世界

エンジニアスタイル東京は未経験者でも利用できますが、経験を重視されるのは間違いありません。

知識が超一流であっても、実務経験がなければ仕事を得るのは簡単ではないでしょう。

実務経験3年以上などと、明確に提示している案件は少なくないです。

新入社員のような待遇は受けられない

フリーランスエンジニアはたとえ未経験者であっても、企業の新入社員ではありません。

そのため教育や研修などのサポートは受けられないでしょう。

フリーランスエンジニアは即戦力となる人材であり、知識・経験ともに豊富なプロとして見られるわけです。

最初は信頼の低さがネックに

エンジニアとして仕事をした経験がゼロであれば、まだ信頼も構築されていません。

信頼を得るためには着実に仕事をこなし、経験を積んでいくしかないのです。

実務経験と信頼は比例する傾向が極めて強いです。

未経験だと低単価の案件が多い

未経験で応募できる案件は少ないですし、全体的に低単価になっています。

最初のころは報酬よりも実績づくりを重視し、実績が増えてきたら高単価の案件に応募してみるといいでしょう。

エンジニアスタイル東京 | 未経験者がフリーランスを目指す流れは?

まずは計画と目標の設定を

何かを始めるときは計画を立て、目標設定をするのが基本です。

それにより身につけるべき知識、必要なプログラミング言語などが見えてきます。

計画・目標が不明確であれば、途中で何をするべきか、どこに進むべきか迷うことになるでしょう。

求められるスキルを把握する

未経験者がフリーランスエンジニアとしてデビューするにあたって、大切なのはどこを目指すかです。

それによって必要なスキルが変わってくるからです。

現在の自分の立ち位置を把握したうえで、どこを目指すのか、そして目標設定のために何をすればいいのか、などを詰めていきましょう。

エンジニアになって必要なスキルを習得する

独学でフリーランスエンジニアになるための勉強をするのは簡単ではありません。

仕事を獲得するのも、実務経験を積むのもすべて自分の力だけが頼りになります。

そこであえて遠回りをして、IT企業に勤務してエンジニアとして働くという手段も考えてみましょう。

企業で培ったノウハウは、フリーランスとして独立したときの武器になります。

フリーランスエンジニアとしてデビューする

会社員からフリーランスになるのは勇気のいることです。

しかし、行動に移さなければ現状が変わることはありません。

そこで勇気を出してフリーランスエンジニアとして独立することを考えてみましょう。

甘えが許されない環境に身を置くことで、よい意味で本気になれるからです。

エンジニアスタイル東京 | 未経験者がフリーランスの案件を獲得する方法は?

知り合いに事情を話してみる

意外にもすぐ身近にIT業界で働いている知り合いがいたという話は少なくありません。

交友関係が深い人ならば、まずはいろいろな人に電話やメールをして、仕事をもらうという方法を検討してみましょう。

クラウドソーシングサービスで探そう

無料で会員登録ができ、条件検索をして探せる便利なサービスです。

エンジニア向けの案件も募集されており、なかには未経験OKの仕事もあります。

クラウドソーシングサービスで探すときは、時間あたりの報酬を計算しておきましょう。

どんなに高額報酬を提示していても、時間あたりの金額が少ない案件では稼げません。

フリーランスエージェントに登録する

クラウドソーシングサービスと混同されがちですが、フリーランスエージェントの場合はエンジニア専門などと、特定の業務に特化した案件が紹介されています。

カウンセラーとの相談、市場価値のチェック、クライアントとの仲介など、さまざまなサポートが用意されています。

まとめ

エンジニアスタイル東京は未経験者でも登録でき、実際に仕事を探すことができます。

未経験から実績を積むためには、クライアントへのアピールが要になります。

実績がなければ作り上げていけばいいわけです。

未経験からフリーランスエンジニアとしてデビューする場合は、計画をしっかりと立てたうえで、地道に仕事を獲得してスキルを上げていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました